【吉益東洞】


吉益東洞(1702〜1773)、安芸の国(広島)出身で名は為則、、はじめ東庵といい、のちに東洞と改めた。代々、刀傷及び産科専門の医者であり、先祖は遣唐使に随行し唐に渡り医学を学んでいる。吉益東洞は古今の医学書を隅々まで読み、「病源」及び「千金方」以下劉、張、李、朱の学説は役に立たないと考えた。また、名古屋玄医と後藤艮山の影響を受け百家の医学書を広く読み、当時の医者がただ温補を施し、陰陽、五行に拘泥して病因を論じ、師匠の教えを受け継ぐのみであることに憤りを感じた。1738年吉益東洞一家は同郷の儒医堀正超の所をたより京都に出る、そこで吉益東洞は古医道の研究に没頭した木の人形を作ることで生計をたて、「傷寒論」の研究に取り組んだ。

1746年、吉益東洞は質屋で質入れをする時、偶然質屋の主人の母親への処方を見て一言「石膏をのぞくと良い」といった。このとき処方を行っていた当時朝廷の名高いご典医だった山脇東洋は、質屋の主人によって伝えられた東洞の言葉をきき、感服した。このことで山脇東洋の推挙を受け、吉益東洞は名をあげた。自ら調べ実証することを堅持し、陰陽、五行、脈象、本草、病因を否定し、仲景の古方のみを用い、日本漢方の「方証相対」という特色と伝統を築いた。

吉益東洞は「医術を学ぶには、方が一番大切だ…方と証は相対関係にある。」として病因のことは論じていない。「万病はすべて毒によって生じるが、多くの薬も皆毒物なので、毒によって毒を攻め討ち、毒が去れば病を治療できる。」と述べている。吉益東洞は30歳で「万病一毒」ということを悟り、50歳で「類聚方」を著している。

東洞は、現在、古方派の漢方家から無条件に賞賛されているが、江戸時代は、むしろ今より冷静に観察、評価されていたようである。現在でも中医や陰陽、五行、病因、病機を重視する漢方家からの評価は、それほど高くはない。

 

参考に日本、中国、西洋医学史の簡単な年表を掲げておきます。


  【日本】   【中国】   【西洋】
           
B.C   600頃 扁鵲 400頃 ヒポクラテス
 
    16 人体解剖    
    50 皇帝内経    
           
           
    210 傷寒論・神農本草経    
    230 華陀の麻酔手術    
           
           
414 朝鮮の医師来日     489 アラビア医学
           
    610 諸病源候論    
    670 千金方・千金翼方    
           
754 鑑真「唐医学」        
808 大同類聚方        
982 丹波康頼「医心方」        
    1045 北宋で人体解剖図    
           
1214 喫茶養生記 1247 南宋で法医学書    
        1300 解剖学書
        1377 人体解剖合法化
           
1520頃 田代三喜・明医学     1537 近代外科学確立
1557 初の様式病院設立        
1574 曲直瀬道三 1593 李時珍「本草綱目」 1590 複合顕微鏡発明
        1665 細胞を発見
        1676 細菌を発見
1713 貝原益軒「養生訓」        
1722 小石原養生所        
1752 吉益東洞「類聚方」        
1754 山脇東洋「人体解剖」        
1774 杉田玄白「解体新書」     1798 ジェンナー「種痘法」
1805 華岡青洲「全身麻酔」        
1823 シーボルト来日        
        1842 エーテル麻酔成功
1857 西洋医学教育開始     1858 ウィルヒョウ「細胞病理学」
1861 長崎に洋式病院        
1889 北里柴三郎「破傷風菌」     1882 コッホ「結核菌」
1897 志賀潔「赤痢菌」     1895 X線発見
1913 野口英世「梅毒」     1928 ペニシリン発見
1956 梅沢浜夫「カナマイシン」 1958 針麻酔手術成功 1944 ストレプトマイシン発見
           
           

【参考図書】東洋医学と西洋医学の歴史 近藤宏二 著

 

HOME