百人一首 B組 赤

(    )年(    )組

 

 

 

 

 

名前(                    )

 

 

 

 

上の句

下の句

作者

1

 

 

(なげ)けと (つき)ものを (おも)はする

かこち(がを)なる わが(なみだ)かな

西行法師

2

 

 

()(ひと)を まつほの(うら)の (ゆふ)なぎに

()くや()(しを)の ()もこがれつつ

権中納言定家

3

 

 

もろともに はれと(おも)へ 山桜(やまざくら)

(はな)より(ほか)に ()(ひと)もなし

前大僧正行尊

4

 

 

(おと)()く (たか)()(はま)の あだ(なみ)

かけじや(そで)の ぬれもこそすれ

祐子内親王家紀伊

5

 

 

高砂(たかさご)の 尾上(をのえ)(さくら) ()きにけり

外山(とやま)(かすみ) ()たずあらなむ

前中納言匡房

6

 

 

(なが)からむ (こころ)()らず 黒髪(くろかみ)

(みだ)れて今朝(けさ)は ものをこそ(おも)

待賢門院堀川

7

 

 

かくとだに えやいぶきの さしも(くさ)

さしも()じな ()ゆる(おも)ひを

藤原実方朝臣

8

 

 

有馬(ありま)(やま) 猪名(ゐな)笹原(ささはら) (かぜ)()けば

いでそよ(ひと)を (わす)れやする

大弐三位

9

 

 

(うら)()び ()さぬ(そで)だに あるものを

(こひ)()ちなむ ()こそ()けれ

相模

10

 

 

(だれ)をかも ()(ひと)せむ 高砂(たかさご)

(まつ)(むかし)の (とも)ならなく

藤原興風

11

 

 

しのぶれど (いろ)()でにけり わが(こひ)

(もの)(おも)ふと (ひと)()ふま

平兼盛

12

 

 

(かぜ)をいたみ (いは)()(なみ)の おのれのみ

くだけて(もの)を (おも)ふころか

源重之

13

 

 

()(わか)れ いなばの(やま)の (みね)()ふる

まつとし()かば (いま)(かへ)()

中納言行平

14

 

 

()くからに (あき)草木(くさき)の しをるれば

むべ(やま)(かぜ)を (あらし)といふら

文屋康秀

15

 

 

山里(やまざと)は (ふゆ)(さび)しさ まさりける

人目(ひとめ)(くさ)も かれぬと(おも)へば

源宗于朝臣

16

 

 

(あき)()の かりほの(いほ)の とまをあら

わが(ころも)()は (つゆ)にぬれつつ

天智天皇

17

 

 

田子(たご)(うら)に うち()でてみれば (しろ)(たへ)

富士(ふじ)高嶺(たかね)に (ゆき)()りつつ

山部赤人

18

 

 

筑波(つくば)()の (みね)より()つる 男女(みなの)(がわ)

(こひ)つもり (ふち)となりぬる

陽成院

19

 

 

()(なか)よ (みち)こそなけれ (おも)()る 

(やま)(おく)にも 鹿(しか)()くなる

皇太后宮太夫俊成

20

 

 

(なが)らへ またこの(ごろ)や しのばれ

()しと()() (いま)(こひ)しき

藤原清輔朝臣