百人一首 B組 赤

(    )年(    )組

 

 

 

 

 

名前(                     )

 

 

 

 

上の句

下の句

作者

1

 

 

なげけとて つきやはものを おもはする

かこちがほなる わがなみだかな

さいぎょうほうし

2

 

 

こぬひとを まつほのうらの ゆふなぎに

やくやもしほの みもこがれつつ

ごんちゅうなごんさだいえ

3

 

 

もろともに あはれとおもへ やまざくら

はなよりほかに しるひともなし

さきのだいそうじょうぎょうそん

4

 

 

おとにきく たかしのはまの あだなみは

かけじやそでの ぬれもこそすれ

ゆうしないしんのうけのきい

5

 

 

たかさごの おのへのさくら さきにけり

とやまのかすみ たたずもあらなむ

さきのちゅうなごんまさふさ

6

 

 

ながからむ こころもしらず くろかみの

みだれてけさは ものをこそおもへ

たいけんもんいんのほりかわ

7

 

 

かくとだに えやはいぶきの さしもぐさ

さしもしらじな もゆるおもひを

ふじわらのさねかたあそん

8

 

 

ありまやま ゐなのささはら かぜふけば

いでそよひとを わすれやはする

だいにのさんみ

9

 

 

うらみわび ほさぬそでだに あるものを

こひにくちなむ なこそおしけれ

さがみ

10

 

 

たれをかも しるひとにせむ たかさごの

まつもむかしの ともならなくに

ふじわらのおきかぜ

11

 

 

しのぶれど いろにいでにけり わがこひは

ものやおもふと ひとのとふまで

たいらのかねもり

12

 

 

かぜをいたみ いはうつなみの おのれのみ

くだけてものを おもふころかな

みなもとのしげゆき

13

 

 

たちわかれ いなばのやまの みねにおふる

まつとしきかば いまかへりこむ

ちゅうなごんゆきひら

14

 

 

くからに あきのくさきの しをるれば

むべやまかぜを あらしといふらむ

ふんやのやすひで

15

 

 

やまざとは ふゆぞさびしさ まさりける

ひとめもくさも かれぬとおもへば

みなもとのむねゆきあそん

16

 

 

あきのたの かりほのいほの とまをあらみ

わがころもでは つゆにぬれつつ

てんぢてんのう

17

 

 

たごのうらに うちいでてみれば しろたへの

ふじのたかねに ゆきはふりつつ

やまべのあかひと

18

 

 

つくばねの みねよりおつる みなのがは

こひぞつもりて ふちとなりぬる

ようぜいいん

19

 

 

よのなかよ みちこそなけれ おもひいる 

やまのおくにも しかぞなくなる

こうたいごうぐうのたいふとしなり

20

 

 

ながらへば またこのごろや しのばれむ

うしとみしよぞ いまはこひしき

ふじわらのきよすけあそん