百人一首 A組 青

(    )年(    )組

 

 

 

 

 

名前(                   )

 

 

 

 

上の句

下の句

作者

1

 

 

足曳(あしびき)の 山鳥(やまどり)()の しだり()

長々(ながなが)()を (ひと)りかも()

柿本人麿

2

 

 

有明(ありあけ)の つれなく()えし (わか)れより

(あかつき)ばかり ()きものはなし

壬生忠岑

3

 

 

(あらし)()く 三室(みむろ)(やま)の もみぢ()

龍田(たつた)(かは)の (にしき)なりけり

能因法師

4

 

 

奥山(おくやま)に 紅葉(もみぢ)()()け ()鹿(しか)

(こゑ)()(とき) (あき)(かな)しき

猿丸太夫

5

 

 

(あさ)ぼらけ 有明(ありあけ)(つき)と ()るまでに

吉野(よしの)(さと)に ()れる白雪(しらゆき)

坂上是則

6

 

 

(さび)しさに 宿(やど)()()でて ながむれ

いづこも(おな)じ (あき)夕暮(ゆふぐ)

良暹法師

7

 

 

(かささぎ)の (わた)せる(はし)に ()(しも)

(しろ)()れば ()()けにける

中納言家持

8

 

 

(きみ)がため ()からざりし (いのち)さへ 

(なが)くもがと (おも)ひけるかな

藤原義孝

9

 

 

()かりける (ひと)初瀬(はつせ)の (やま)おろしよ

はげしかれとは (いの)らぬものを

源俊頼朝臣

10

 

 

(あま)(かぜ) (くも)(かよ)() ()とぢ

をとめの姿(すがた) しばしとどめむ

僧正遍昭

11

 

 

(めぐ)()ひて ()しやそれとも わかぬ()

(くも)がくれにし 夜半(よは)(つき)かな

紫式部

12

 

 

和田(わた)(はら) ()()でて()れば 久方(ひさかた)

(くも)ゐにまがふ (おき)白波(しらなみ)

法性寺入道前関白太政大臣

13

 

 

陸奥(みちのく)の 信夫(しのぶ)ずり (たれ)(ゆへ)に 

(みだ)れそめにし (われ)ならなく

河原左大臣

14

 

 

いにしへの 奈良(なら)(みやこ)の 八重桜(やへざくら)

けふ九重(ここのへ)に (にほ)ぬるかな

伊勢大輔

15

 

 

きりぎりす ()くや(しも)()の さむしろに

(ころも)かたしき (ひと)りかも()

御京極摂政前太政大臣

16

 

 

この(たび)は さも()へず ()向山(むけやま)

紅葉(もみぢ)(にしき) (かみ)のまにまに

菅家

17

 

 

()をこめて (とり)空音(そらね)は はかるとも

()(あふ)(さか)の (せき)(ゆる)さじ

清少納言

18

 

 

(もも)(しき)や (ふる)軒端(のきば)の しのぶにも

なほあまりある (むかし)なりけり

順徳院

19

 

 

(ちぎ)りおきし させもが(つゆ)を (いのち)にて

あはれ今年(ことし)の (あき)ぬめり

藤原基俊

20

 

 

(おも)()び さても(いのち)は あるものを

()きにへぬは (なみだ)なりけり

道因法師