百人一首 A組 青

(    )年(    )組

 

 

 

 

 

名前(               )

 

 

 

 

上の句

下の句

作者

1

 

 

足曳の 山鳥の尾の しだり尾の

長々し夜を 独りかも寝む

柿本人麿

2

 

 

有明の つれなく見えし 別れより

暁ばかり 憂きものはなし

壬生忠岑

3

 

 

嵐吹く 三室の山の もみじ葉は

龍田の川の 錦なりけり

能因法師

4

 

 

奥山に 紅葉踏み分け 鳴く鹿の

声聞く時ぞ 秋は悲しき

猿丸大夫

5

 

 

朝ぼらけ 有明の月と 見るまでに

吉野の里に 降れる白雪

坂上是則

6

 

 

寂しさに 宿を立ち出でて ながむれば

いづこも同じ 秋の夕暮れ

良暹法師

7

 

 

鵲の 渡せる橋に 置く霜の

白きを見れば 夜ぞ更けにける

中納言家持

8

 

 

君がため 惜しからざりし 命さへ 

永くもがなと 思ひけるかな

藤原義孝

9

 

 

憂かりける 人を初瀬の 山おろしよ

はげしかれとは 祈らぬものを

源俊頼朝臣

10

 

 

天つ風 雲の通ひ路 吹きとぢよ

をとめの姿 しばしとどめむ

僧正遍昭

11

 

 

巡り逢ひて 見しやそれとも わかぬ間に

雲がくれにし 夜半の月かな

紫式部

12

 

 

和田の原 漕ぎ出でて見れば 久方の

雲ゐにまがふ 沖つ白波

法性寺入道前関白太政大臣

13

 

 

陸奥の 信夫もぢずり 誰故に 

乱れそめにし 我ならなくに

河原左大臣

14

 

 

いにしへの 奈良の都の 八重桜

けふ九重に 匂ひぬるかな

伊勢大輔

15

 

 

きりぎりす 鳴くや霜夜の さむしろに

衣かたしき 独りかも寝む

御京極摂政前太政大臣

16

 

 

この度は ぬさも取りあへず 手向山

紅葉の錦 神のまにまに

菅家

17

 

 

夜をこめて 鳥の空音は はかるとも

世に逢坂の 関は許さじ

清少納言

18

 

 

百敷や 古き軒端の しのぶにも

なほあまりある 昔なりけり

順徳院

19

 

 

契りおきし させもが露を 命にて

あはれ今年の 秋もいぬめり

藤原基俊

20

 

 

思い侘び さても命は あるものを

憂きにたへぬは 涙なりけり

道因法師