百人一首 E組 橙

(    )年(    )組

 

 

 

 

 

名前(                     )

 

 

 

 

上の句

下の句

作者

1

 

 

あけぬれば くるるものとは しりながら

なほうらめしき あさぼらけかな

ふじわらのみちのぶあそん

2

 

 

あさぼらけ うぢのかはぎり たえだえに

あらはれわたる せぜのあじろぎ

ごんちゅうなごんさだより

3

 

 

あはれとも いふべきひとは おもほえで

みのいたづらに なりぬべきかな

けんとくこう

4

 

 

あひみての のちのこころに くらぶれば

むかしはものを おもはざりけり

ごんちゅうなごんあつただ

5

 

 

あふことの たえてしなくば なかなかに

ひとをもみをも うらみざらまし

ちゅうなごんあさただ

6

 

 

あらざらむ このよのほかの おもひでに

いまひとたびの あふこともがな

いづみしきぶ

7

 

 

いまむと いひしばかりに ながつきの

ありあけのつきを まちいでつるかな

そせいほうし

8

 

 

いまはただ おもひたえなむ とばかりを

ひとづてならで いふよしもがな

さきょうのたいふみちまさ

9

 

 

をはやみ いはにせかるる たきがはの

われてもすゑに あはむとぞおもふ

すとくいん

10

 

 

なげきつつ ひとりぬるよの あくるまは

いかにひさしき ものとかはしる

うだいしょうみちつなのはは

11

 

 

なにしおはば あふさかやまの さねかづら

ひとにしられで くるよしもがな

さんじょうのうだいじん

12

 

 

なにはえの あしのかりねの ひとよゆゑ

みをつくしてや こひわたるべき

こうかもんいんのべっとう

13

 

 

なにはがた みじかきあしの ふしのまも

あはでこのよを すぐしてよとや

いせ

14

 

 

はるのよの ゆめばかりなる たまくらに

かひなくたたむ なこそおしけれ

すおうのないし

15

 

 

ひともおし ひともうらめし あぢきなく

よをおもふゆゑに ものおもふみは

ごとばいん

16

 

 

みかきもり ゑじのたくひの よるはもえ

ひるはきえつつ ものをこそおもへ

おおなかとみのよしのぶあそん

17

 

 

みかのはら わきてながるる いづみがは

いつみきとてか こひしかるらむ

ちゅうなごんかねすけ

18

 

 

みせばやな をじまのあまの そでだにも

ぬれにぞぬれし いろはかはらず

いんぶもんいんのだいふ

19

 

 

おほけなく うきよのたみに おほふかな

わがたつそまに すみぞめのそで

さきのだいそうじょうじえん

20

 

 

かぜそよぐ ならのをがはの ゆふぐれは

みそぎぞなつの しるしなりける

じゅにいいえたか