百人一首 E組 橙

(    )年(    )組

 

 

 

 

 

名前(                 )

 

 

 

上の句

下の句

作者

1

 

 

明けぬれば 暮るるものとは 知りながら

なほ恨めしき 朝ぼらけかな

藤原道信朝臣

2

 

 

朝ぼらけ 宇治の川霧 絶え絶えに

あらはれ渡る 瀬々のあじろぎ

権中納言定頼

3

 

 

哀れとも いふべき人は 思ほえで

身のいたづらに なりぬべきかな

謙徳公

4

 

 

逢ひ見ての 後の心に くらぶれば

昔は物を 思はざりけり

権中納言敦忠

5

 

 

逢ふ事の 絶えてしなくば なかなかに

人をも身をも 恨みざらまし

中納言朝忠

6

 

 

あらざらむ この世の外の 思ひ出に

今一度の 逢ふ事もがな

和泉式部

7

 

 

今来むと いひしばかりに 長月の

有明の月を 待ち出でつるかな

素性法師

8

 

 

今はただ 思ひ絶えなむ とばかりを

人づてならで いふよしもがな

左京大夫道雅

9

 

 

瀬を早み 岩にせかるる 滝川の

われても末に 逢はむとぞ思ふ

崇徳院

10

 

 

なげきつつ 独り寝る夜の 明る間は

いかに久しき ものとかは知る

右大将道綱母

11

 

 

名にしおはば 逢坂山の さねかづら

人に知られで くるよしもがな

三条右大臣

12

 

 

難波江の 蘆のかり寝の ひと夜ゆゑ

身を尽くしてや 恋ひわたるべき

皇嘉門院別当

13

 

 

難波がた 短き蘆の ふしの間も

逢はでこの世を すぐしてよとや

伊勢

14

 

 

春の夜の 夢ばかりなる 手枕に

かひなく立たむ 名こそ惜しけれ

周防内侍

15

 

 

人も惜し 人も恨めし 味気なく

世を思ふ故に 物思ふ身は

後鳥羽院

16

 

 

御垣守 衛士のたく火の 夜は燃え

昼は消えつつ 物をこそ思へ

大中臣能宣朝臣

17

 

 

みかの原 わきて流るる 泉川

いつみきとてか 恋しかるらむ

中納言兼輔

18

 

 

見せばやな 雄島のあまの 袖だにも

ぬれにぞぬれし 色は変はらず

殷富門院大輔

19

 

 

おほけなく 浮世の民に おほふかな

わがたつ杣に 墨染めの袖

前大僧正慈円

20

 

 

風そよぐ 奈良の小川の 夕暮れは

みそぎぞ夏の しるしなりける

従二位家隆