百人一首 C組 黄

(    )年(    )組

 

 

 

 

 

名前(                   )

 

 

 

 

上の句

下の句

作者

1

 

 

(はる)()ぎて (なつ)()にけらし (しろ)(たへ)

(ころも)()すて (あま)香具山(かぐやま)

持統天皇

2

 

 

(あま)(はら) ()りさけ()れば 春日(かすが)なる

三笠(みかさ)(やま)に ()でし(つき)かも

阿倍仲麿

3

 

 

これやこの ()くも(かへ)るも (わか)れては

()るも()らぬも (あふ)(さか)(せき)

蝉丸

4

 

 

(すみ)()の (きし)()(なみ) ()へや

(ゆめ)(かよ)() 人目(ひとめ)よくらむ

藤原敏行朝臣

5

 

 

山川(やまがわ)に (かぜ)のかけたる しがらみは

(なが)れもへぬ 紅葉(もみぢ)なりけり

春道列樹

6

 

 

久方(ひさかた)の (ひかり)のどけき (はる)()

しづ(ごころ)なく (はな)()らむ

紀友則

7

 

 

白露(しらつゆ)に (かぜ)()きしく (あき)()

つらぬきとめぬ (たま)()りける

文屋朝康

8

 

 

浅茅(あさじ)()の 小野(をの)篠原(しのはら) しのぶれど

あまりなどか (ひと)(こひ)しき

参議等

9

 

 

由良(ゆら)()を わたる(ふな)(びと) かぢを()

ゆくへも()らぬ (こひ)(みち)かな

曽禰好忠

10

 

 

八重(やへ)むぐら しげれる宿(やど)の (さび)しきに

(ひと)こそ()えね (あき)()にけり

恵慶法師

11

 

 

(たき)(おと)は ()えて(ひさ)しく なりぬれ

()こそ(なが)れて なほ()こえけれ

大納言公任

12

 

 

大江山(おほえやま) いく()(みち)の (とほ)ければ

まだふみも()ず 天の橋立(あまのはしだて)

小式部内侍

13

 

 

淡路島(あはぢしま) (かよ)千鳥(ちどり)の ()(こゑ)

いく()()ざめぬ 須磨(すま)(せき)(もり)

源兼昌

14

 

 

秋風(あきかぜ)に たなびく(くも)の ()()より

もれ()づる(つき)の (かげ)のさやけさ

左京太夫顕輔

15

 

 

ほととぎす ()きつる(かた)を ながむれ

ただ有明(ありあけ)の (つき)(のこ)れる

御徳大寺左大臣

16

 

 

村雨(むらさめ)の (つゆ)もまだ()ぬ まきの()

(きり)()ちのぼる (あき)夕暮(ゆふぐ)

寂蓮法師

17

 

 

吉野(よしの)の (やま)(あき)(かぜ) ()()けて

ふるさと(さむ)く (ころも)うつなり

参議雅経

18

 

 

(はな)さそふ (あらし)(には)の (ゆき)ならで

ふりゆくものは わが()なりけり

入道前太政大臣

19

 

 

()もすがら 物思(ものおも)ふころは ()けやらで

ねやの(ひま)さへ つれかりけり

俊恵法師

20

 

 

(たま)()よ ()えなば()えね (なが)らへ

しのぶる(こと)の (よわ)りもする

式子内親王