百人一首 C組 黄

(    )年(    )組

 

 

 

 

 

名前(                     )

 

 

 

 

上の句

下の句

作者

1

 

 

はるすぎて なつきにけらし しろたへの

ころもほすてふ あまのかぐやま

ぢとうてんのう

2

 

 

あまのはら ふりさけみれば かすがなる

みかさのやまに いでしつきかも

あべのなかまろ

3

 

 

これやこの ゆくもかえるも わかれては

しるもしらぬも あふさかのせき

せみまる

4

 

 

みのえの きしによるなみ よるさへや

ゆめのかよひぢ ひとめよくらむ

ふじわらのとしゆきあそん

5

 

 

やまがはに かぜのかけたる しがらみは

ながれもあへぬ もみじなりけり

はるみちのつらき

6

 

 

ひさかたの ひかりのどけき はるのひに

しづこころなく はなのちるらむ

きのとものり

7

 

 

しらつゆに かぜのふきしく あきののは

つらぬきとめぬ たまぞちりける

ふんやのあさやす

8

 

 

あさぢふの おののしのはら しのぶれど

あまりてなどか ひとのこひしき

さんぎひとし

9

 

 

ゆらのとを わたるふなびと かぢをたえ

ゆくへもしらぬ こひのみちかな

そねのよしただ

10

 

 

やへむぐら しげれるやどの さびしきに

ひとこそみえね あきはきにけり

えぎょうほうし

11

 

 

たきのおとは たえてひさしく なりぬれど

なこそながれて なほきこえけれ

だいなごんきんとう

12

 

 

おほえやま いくののみちの とほければ

まだふみもみず あまのはしだて

こしきぶのないし

13

 

 

あはぢしま かよふちどりの なくこえに

いくよねざめぬ すまのせきもり

みなもとのかねまさ

14

 

 

あきかぜに たなびくくもの たえまより

もれいづるつきの かげのさやけさ

さきょうのたいふあきすけ

15

 

 

ととぎす なきつるかたを ながむれば

ただありあけの つきぞのこれる

ごとくだいじのさだいじん

16

 

 

らさめの つゆもまだひぬ まきのはに

きりたちのぼる あきのゆふぐれ

じゃくれんほうし

17

 

 

みよしのの やまのあきかぜ さよふけて

ふるさとさむく ころもうつなり

さんぎまさつね

18

 

 

はなさそふ あらしのにはの ゆきならで

ふりゆくものは わがみなりけり

にゅうどうさきのだじょうだいじん

19

 

 

よもすがら ものおもふころは あけやらで

ねやのひまさへ つれなかりけり

しゅんえほうし

20

 

 

たまのをよ たえなばたえね ながらへば

しのぶることの よわりもぞする

しょくしないしんのう