百人一首 C組 黄

(    )年(    )組

 

 

 

 

 

名前(                 )

 

 

 

上の句

下の句

作者

1

 

 

春過ぎて 夏来にけらし 白妙の

衣干すて 天の香具山

持統天皇

2

 

 

天の原 振りさけ見れば 春日なる

三笠の山に 出でし月かも

阿倍仲麿

3

 

 

これやこの 行くも帰るも 別れては

知るも知らぬも 逢坂の関

蝉丸

4

 

 

住の江の 岸に寄る波 寄るへや

夢の通路 人目よくらむ

藤原敏行朝臣

5

 

 

山川に 風のかけたる しがらみは

流れもへぬ 紅葉なりけり

春道列樹

6

 

 

久方の 光のどけき 春の日に

しづ心なく 花の散るらむ

紀友則

7

 

 

白露に 風の吹きしく 秋の野は

つらぬきとめぬ 玉散りける

文屋朝康

8

 

 

浅茅生の 小野の篠原 しのぶれど

あまりなどか 人の恋しき

参議等

9

 

 

由良の門を わたる舟人 かぢを絶え

ゆくへも知らぬ 恋の道かな

曽禰好忠

10

 

 

八重むぐら しげれる宿の 寂しきに

人こそ見えね 秋は来にけり

恵慶法師

11

 

 

滝の音は 絶えて久しく なりぬれ

名こそ流れて なほ聞こえけれ

大納言公任

12

 

 

大江山 いく野の道の 遠ければ

まだふみも見ず 天の橋立

小式部内侍

13

 

 

淡路島 通千鳥の 鳴く声に

いく世寝ざめぬ 須磨の関守

源兼昌

14

 

 

秋風に たなびく雲の 絶え間より

もれ出づる月の 影のさやけさ

左京太夫顕輔

15

 

 

ほととぎす 鳴きつる方を ながむれ

ただ有明の 月残れる

御徳大寺左大臣

16

 

 

村雨の 露もまだ干ぬ まきの葉に

霧立ちのぼる 秋の夕暮れ

寂蓮法師

17

 

 

み吉野の 山の秋風 夜更けて

ふるさと寒く 衣うつなり

参議雅経

18

 

 

さそふ 嵐の庭の 雪ならで

ふりゆくものは わが身なりけり

入道前太政大臣

19

 

 

夜もすがら 物思ふころは 明けやらで

ねやの隙さへ つれかりけり

俊恵法師

20

 

 

玉の緒よ 絶えなば絶えね 永らへ

しのぶる事の 弱りもする

式子内親王