百人一首 D組 みどり

(    )年(    )組

 

 

 

 

 

名前(                   )

 

 

 

 

上の句

下の句

作者

1

 

 

わが(いほ)は (みやこ)のたつみ 鹿(しか)()

()をうぢ(やま)と (ひと)はいふなり

喜撰法師

2

 

 

(はな)(いろ)は (うつ)りにけりな いたづらに

わが()()()る ながめせし()

小野小町

3

 

 

和田(わた)(はら) 八十島(やそしま)かけて ()()でぬと

(ひと)には()げよ あまの(つり)(ぶね)

参議篁

4

 

 

(きみ)がため (はる)()()でて 若菜(わかな)つむ

わが(ころも)()に (ゆき)()りつつ

光孝天皇

5

 

 

千早(ちはや)()る (かみ)()()かず 龍田(たつた)(がは)

から(くれなひ)に (みづ)くくるとは

在原業平朝臣

6

 

 

()びぬれば (いま)(おな)じ 難波(なには)なる

みをつくしても ()はむと(おも)

元良親王

7

 

 

(つき)()れば 千々(ちぢ)(もの)こそ (かな)けれ

わが()(ひと)つの (あき)にはあらねど

大江千里

8

 

 

小倉(をぐら)(やま) (みね)のもみぢ() (こころ)あら

(いま)一度(ひとたび)の みゆき()なむ

貞信公

9

 

 

(こころ)あてに ()ばや() 初霜(はつしも)

()きまどはせる 白菊(しらぎく)(はな)

凡河内躬恒

10

 

 

(ひと)はい (こころ)()らず ふるさとは

(はな)(むかし)の ()(にほ)ひける

紀貫之

11

 

 

(なつ)()は まだ(よひ)ながら ()けぬる

(くも)いづこに (つき)やどるらむ

清原深養父

12

 

 

(わす)らるる ()(おも)はず ちかひてし

(ひと)(いのち)の ()しくもあるかな

右近

13

 

 

(こひ)すて わが()はまだき ()ちにけり

(ひと)()れずこそ (おも)ひそめしか

壬生忠見

14

 

 

(ちぎ)りきな かたみに(そで)を しぼりつつ

(すゑ)松山(まつやま) (なみ)さじとは

清原元輔

15

 

 

(わす)じの ()(すゑ)までは かたければ

今日(けふ)をかぎりの (いのち)ともが

儀同三司母

16

 

 

(やす)らはで ()なましものを ()()けて

かたぶくまでの (つき)()しかな

赤染衛門

17

 

 

(こころ)にも あらで()()に (なが)らへ

(こひ)しかるべき 夜半(よは)(つき)かな

三条院

18

 

 

(ゆふ)されば 門田(かどた)のいなば おとづれ

(あし)のまろや 秋風(あきかぜ)ふく

大納言経信

19

 

 

わが(そで)は 潮干(しほひ)()えぬ (おき)(いし)

(ひと)こそ()らね かわく()もなし

二条院讃岐

20

 

 

()(なか)は (つね)にもがもな (なぎさ)()

あまの小舟(をぶね)の (つな)()(かな)しも

鎌倉右大臣