百人一首 D組 みどり

(    )年(    )組

 

 

 

 

 

名前(                 )

 

 

 

上の句

下の句

作者

1

 

 

わが庵は 都のたつみ 鹿ぞ住む

世よをうぢ山と 人はいふなり

喜撰法師

2

 

 

花の色は 移りにけりな いたづらに

わが身世に経る ながめせし間に

小野小町

3

 

 

和田の原 八十島かけて 漕ぎ出でぬと

人には告げよ あまの釣舟

参議篁

4

 

 

君がため 春の野に出でて 若菜つむ

わが衣手に 雪は降りつつ

光孝天皇

5

 

 

千早振る 神代も聞かず 龍田川

から紅に 水くくるとは

在原業平朝臣

6

 

 

侘びぬれば 今はた同じ 難波なる

みをつくしても 逢はむとぞ思ふ

元良親王

7

 

 

月見れば 千々に物こそ 悲しけれ

わが身一つの 秋にはあらねど

大江千里

8

 

 

小倉山 峰のもみじ葉 心あらば

今一度の みゆき待たなむ

貞信公

9

 

 

心あてに 折らばや折らむ 初霜の

置きまどはせる 白菊の花

凡河内躬恒

10

 

 

人はいさ 心も知らず ふるさとは

花ぞ昔の 香に匂ひける

紀貫之

11

 

 

夏の夜は まだ宵ながら 明けぬるを

雲のいづこに 月やどるらむ

清原深養父

12

 

 

忘らるる 身をば思はず ちかひてし

人の命の 惜しくもあるかな

右近

13

 

 

恋すてふ わが名はまだき 立ちにけり

人知れずこそ 思ひそめしか

壬生忠見

14

 

 

契りきな かたみに袖を しぼりつつ

末の松山 波こさじとは

清原元輔

15

 

 

忘れじの 行く末までは かたければ

今日をかぎりの 命ともがな

儀同三司母

16

 

 

安らはで 寝なましものを さ夜更けて

かたぶくまでの 月を見しかな

赤染衛門

17

 

 

心にも あらで憂き世に 永らへば

恋しかるべき 夜半の月かな

三条院

18

 

 

夕されば 門田のいなば おとづれて

蘆のまろやに 秋風ぞふく

大納言経信

19

 

 

わが袖は 潮干に見えぬ 沖の石の

人こそ知らね かわく間もなし

二条院讃岐

20

 

 

世の中は 常にもがもな 渚漕ぐ

あまの小舟の 綱手悲しも

鎌倉右大臣