認知症に効果あり!?






■認知症などの健康面

いま多くの雑誌やネット上で歌われているのが
認知症に効果があるということです。

これについてはいろんな議論がなされていて否定派の方もいるようで
まだまだ検証の余地がありそうです。

ただ個人的には短期間ですが介護関係で働いたことがあるため
「認知症って怖いな」って思います。



認知症になる理由はいろいろ言われていますが


「添加物過多の食品摂取」
「トランス脂肪酸などの摂りすぎ」
「肉食に偏った食生活」

などが代表的な説としてあげられているようです。

私はまだまだ、これらの改善食などは薬品を含めて見つかるのに時間がかかり当分の間、出てこないものと思っていました。


ところがこのココナッツオイルにそのような改善効果が見られるという論文や
研究結果がこの10年で次々に発表されています。


みなさんも一度SNSやブログなどでご自身で調べて見ていただきたいのですが
とても多くの方の認知症の改善効果を見ることが出来ると思います。



ここでは私の個人的な感想よりもお医者様の意見を掲載してみます。
有名なお話らしいのですが知らない方のために少し記しておきます。

小児科医のメアリー・T・ニューポート医師が書いた研究本によるものです。


この人は女性で女医さんなのですがご主人のスティーブさんがアルツハイマーに
なってしまい改善方法を探し始めます。そんな時アクセラというベンチャー企業
が中鎖脂肪酸を原料とした薬剤の開発をしていることを知ります。

それで薬剤以外で中鎖脂肪酸を含む食べ物を探していたところ
ココナッツオイルに含まれていることを知りご主人に摂取させたところ
その日から認知症の改善が見られたということです。
(ここが重要です。その日から効果があったと記されています。)

この他にも沢山の事例が見られ今では介護施設などでも取り入れられています。

 

 

更に私が驚いたのは単に予防できますよ。というものではなく改善効果までを
期待できるものということが記されていたからです。

早く言ってしまえば認知症がマシになっていくのです。
信じられますか? 私は当初信じられませんでした。


ただ、残念なことに万人に効くわけではなさそうです。



前章でも触れたケトン体という物質が脳に届かないと言う人もいて
人により効果は違うようです。


ある介護施設では効果が見られなかったお年寄りに摂取させる量を
増やしたところ効き始めたというような話もあります。


お薬だけではなく、いろんな食べ物について大げさに効果効能を謳ってはいけな
いと言うことは知っていますがそれでも何か期待させるものがありますね。



私はまだ認知等に問題はありません。ですが劇的な改善効果でなくても今から予
防のために摂り続け少しでも老いを遅らせたいとは考えています。

そんな感じでしたのでココナッツオイルを自ら食べ続けてみることにしました。


ここからは個人的な感想なのですが、私がココナッツオイルを食べ続けた際
日に日に頭の中がすっきりして、高濃度酸素で深呼吸をしたときのように
脳に酸素が届いているような感覚を受けました。

大袈裟ではなく「あぁ、そういえばココナッツオイル食べてたっけ。ん? これって
ココナッツオイルを食べていた好転反応かな?」ってそんな感じです。

たぶん私と同じような経験をされた方も多いと思うのですが
若いころって感受性が豊かだったり、感性が研ぎ澄まされていたりしますよね。

それって年をとると感受性が鈍くなって、感性も衰えていくと思うんですよ。

一般には「老いる」とか「老ける」とか言うのだと思います。

その衰えた感性などは、もう若返ることはないと思っていました。

これからは年をとるばかりだと。
S47年の生まれですからもう十分な中年ジジィの世代です。

 

 

タレントの名前がわからなくなり、テレビ番組のタイトルが思い出せなくなり
若いころはすばやくできていた計算ができなくなる。


それは当たり前のことなのだと。それが当たり前なんだと。

 

昔、若かったころの脳の処理能力が100%だとした場合
今の脳は65〜70%くらいだと。

そんな中、ココナッツオイルを取り続けていたら

「あれ?このタレントの名前わかる!!」
「番組タイトルを2回くらい聞いただけで覚えてる!」
「なぜ今日はこんなに早く頭が働く?」

ということが多くなりました。
自分で自覚していること、覚えていることに「なぜ?」と驚くわけです。

(なんで理解できているのだろうと)

別にほかには食生活も含め何1つとして生活習慣を変えてないです。

 

若返ったというと語弊があると思います。

 

どちらかというと
「サビついていた脳の疲れが取れた状態」
というのが適切かと。本来の性能に戻ったというか。

自分がこんな経験をしているわけですから認知症に効果があるというのも
自分では納得でき十分頷ける話に感じました。

ちなみに私、スナック菓子のようなのが大好きで、体に悪いと思っていても
カップ麺とか食べるほうですし、ソーセージとかハンバーガーとか
嫌いじゃないです。
コーラとかもガンガン飲むほうです。

認知症の発症理由とされている

「添加物過多の食品摂取」
「トランス脂肪酸などの摂りすぎ」
「肉食に偏った食生活」

そのままの食生活でした。

ココナッツオイルをとり始めてからも、その食生活は相変わらずでした。

そんな中「サビついていた脳の疲れが取れた状態」になったのですから
私の中のココナッツオイルの位置づけは手放せない存在になりました。

私はみなさんにもこの経験をしていただきたいと考えています。

次に経験するのはあなたかも知れませんよ。
いえ、あなたでありますように!!

 
















 

Copyright (c) 2017 BEST LIFE  COCONUT OIL    All rights reserved