〜詳しい成分のお話です〜

 



まずはこのクリームの特徴をいくつかご説明します。

摩訶クリームは、「シミ・シワを予防し、皮膚の抗加齢の実現」をコンセプトに開発された
21世紀型健康化粧品です。


既存の化粧品との違いは、明治政府以来、国がその薬効を認定してきた、山形県蔵王の山中に眠る
ジュラ期の薬石・
聖徳石に着眼。この抽出液を50倍に濃縮したミネラル水をベースに、細胞を活性し、
代謝を促進させるという機能性を訴求ポイントにしたことです。


また、日本で初めてチベット秘伝の「珍珠」というノウハウを伝授された漢方治療家の篠原早門氏が
その実現を成功させました。そのノウハウを活かし、化粧品に癒し効果を付加、皮膚の抗加齢を実現しました。


美容・美肌だけでなく、肩こりや腰痛、関節のトラブル、疲労回復にも効果的です。

21世紀の癒し系健康化粧品をお楽しみ下さい。

推薦される磯野二郎さん(医学博士)はステロイド剤の代替品としてこの商品を活用されているほどです

 




摩訶ゴールドの【特徴】

高効率の遠赤外線効果
古代ジュラ期の【聖徳石】に7〜10ミューロンの遠赤外線を放射!! 肌の血行を促進し、細胞を活性化させて肌を若返らせます。


イオン化成分で、即効性
Na、K、Ca、Feなど、ミネラル成分が
すべてイオン化され粒子を細かくしているので即効性が高く喜んでいただけます。


ミネラル成分が代謝を促進
各種ミネラル成分が
補酵素として働き、アミノ酸16種類で代謝を促進。肌の水分やヒアルロン酸などの
自然保湿因子を誘発し保たせます。


30種以上の薬草成分
【珍珠】の製法のもとに皮膚・筋肉層に大きな薬効がある30種以上の薬用植物の天然成分をベースに
作られているので添加物がなく安心です。


弱酸性のph5.5から6.5を実現
肌にやさしい弱酸性なので、イオン交換によって皮膚に欠乏している成分が速やかに吸収されます。


無香料・無着色・無界面活性剤
無香料・無着色はもちろん、界面活性剤を使っていませんので安心してご使用になれます。
(界面活性剤とは簡単に言うと水と油を分離しないように混ぜ込む成分のことで人によっては肌に合わない方もいます。)

 

 



私たちの健康に必要不可欠な微量ミネラルと自然な薬効が、最適なかたちでスピーディーに
吸収されてお肌や筋肉の生体バランスを整えます。

「摩訶」は皮膚の老化の三大要因「紫外線・乾燥・酸化」を防ぎ、あなたのお肌が本来持っている
イキイキとした再生力を蘇らせます。いつまでも若々しく美しい素肌を保って下さい。

 

 

薬石【聖徳石】とチベット秘伝の【珍珠】から生まれた全身美容・美顔マッサージクリーム。
“遠赤外線効果”と“30種以上の薬草”で 肌の血行を促進し、細胞を活性化。

●無着色・無香料・無界面活性剤
■効能
皮膚をすこやかに保ち、うるおいを与えます。
皮膚を保護し、乾燥を防ぎます。
あせも・しもやけ・ひび・あかぎれ・にきび・かみそりまけに。

医薬部外品(平成15年特許取得)

 

 

■原材料の成分
天然鉱物(抽出ミネラル群)
天然薬草(抽出エキス群)カワラヨモギ/シコンエキス/トウキエキス/アロエエキス/ニンジンエキス/レイシエキス/イチョウエキス/ウイキョウエキス/
24種混合薬用植物抽出液(エイジツ、クララ、シャクヤク、トウキエキス等々混合液)
■指定成分:メチルパラペン・プロピルパラペン
■内容量 100g



顔にある健康のツボ

摩訶美顔術は健康のツボを刺激する健康美顔術です。
美顔マッサージに「顔面のツボ」を習得し、ご活用ください。

1婦人科 2腎臓・甲状腺 3咽喉 4肺臓 5胆臓 6心臓 
7胃 8大腸 9便秘 10糖尿病 11心臓 12肩痛 13副腎 
14肝臓・胆のう 15消化器官 16小腸 17大腸 18肺臓 
19胃 20胆のう 21精力 22腎臓 23膀胱 24腰椎 
25内腿 26下腿 27足部 28腰椎 29子宮

 

 

【配合している薬用植物の薬効】

■ アロエエキス ⇒     保湿作用
「医者いらず」とまでいわれるアロエには様々な医薬品効果があります。

切り傷や火傷ばかりでなく胃腸、便秘などにも効果を現すアロエ。もちろん美容面においても活躍しています。アロエに含まれる多糖類は水分保持能力があり、コラーゲンの生成を助けたり、色素沈着を抑えたりする効果が認められています。
アロエの葉肉は胃や便秘、火傷や傷に効果があるとされています。

火傷や傷に葉肉を塗ったことがある人も少なくないでしょう。そのアロエは美肌づくりにも貢献してくれます。アロエに含まれるムコ多糖類には水分保持力があり、最近の新陳代謝を高めコラーゲンの合成を促す効果、色素沈着を防ぎ美白効果をもたらす効果、整腸作用、肝機能増進などの効果・効能があります。また、炎症を抑え、殺菌を殺す消炎作用がありにきびなどの肌の炎症を抑える効果があります。さらに、近年、老化にみられる免疫機能の低下をアロエが防止するという報告もなされています。


■ イチョウ葉エキス⇒    SOD様作用、血管拡張作用
イチョウ葉エキスには、ケルセチンやルチン、カテキンなどの30種類以上のフラボノイドや『 ギンコライド 』 などの有効成分が主に含まれています。
イチョウ葉エキスに含まれるフラボノイドは、
強い抗酸化力で、老化の原因となる活性酸素を除去する効果があるといわれています。
また、 『 ギンコライド 』 には、血管を広げ、血液の流れをよくし、
血小板が固まるのを防ぎ、血栓をできにくくする効果や毛細血管の保護や強化をするといわれています。

生命力がとても強く、2憶年も前から この地球上に存在していたといわれています。
「ボケに」「物忘れが激しくなった時」「痴呆症に」などに効果があるとされ、イチョウ葉エキスの入った健康食品も増えてきました。
イチョウ葉を最初にヒト疾病の治療に用いたのは 16世紀初頭の中国でした。
一方,イチョウ葉エキスを長年医薬品としで用いてきたヨーロッパ,特にドイツやフランスなどではEGb761というイチョウ菜エキス原料の規格基準品を用いた研究が著しい進展を遂げ,医薬品として登録されました(ドイツではDr.W.シュワーベ製薬がテボニンという商品名で発売)。
その物理化学的性状から安全性,薬理作用,薬物代謝,臨床試験そして製造法にいたるまでの研究データおよび薬事法に基づいて,生産販売が行われています。
その医薬品としての効能・効果は,
●痴呆症(アルツハイマー病および脳血管性痴呆症)の治療,
●抗酸化作用による活性酸素の除去
●末梢動脈閉塞症(フォンテーン病態分類U度;間歓性披行)の治療,
●血流改善による高血圧、冷え症や肩こり、耳鳴りなどの症状の予防や改善の効果
●耳鳴り・めまいの治療
が適応症として示されており,臨床試験でヒトにおけるこれらの有効性が明らかにされています。




■ ウイキョウエキス⇒   芳香、抗炎症作用
セリ科の多年生草本であるウイキョウ(茴香)の果実から得られるエキスで、ウイキョウの果実に含まれる精油の主成分はアネトール、他にアニスアルデビド、フェンコンやリノール酸などの脂肪油も含まれています
。ウイキョウエキスには紫外線による老化促進の抑制作用が報告されており、化粧品にも広く使われています。
ウイキョウはヨーロッパ原産で温帯各地で栽培されているセリ科の多年生草本。日本では北海道や長野で栽培されている。ウイキョウの果実に含まれる精油の主成分はアネトールで、ほかにアニスアルデビド、フェンコンやリノール酸などの脂肪油も含まれている。
ウイキョウエキスには紫外線による老化の促進の抑制作用が報告されており、化粧品にも広く使われています。
最近では紫外線障害(注)の修復作用が見出されている。
※DNA修復活性を高めて細胞の突然変異を防ぐ


■ カワラヨモギエキス⇒   抗炎症作用

カワラヨモギエキスとは、キク科の植物であるカワラヨモギの花、葉、茎から抽出したエキスであり、細胞修復と抗アレルギー作用が期待され、用いられる。

カワラヨモギエキスの有効成分は、タンニンフラボノイド精油を含む。抗菌効果があるので、肌を清潔に保ち、肌荒れを防ぐ化粧品に配合される。また、フケやカユミを防ぐ頭髪用化粧品にも適している。カワラヨモギエキスは、ゼニアオイエキス、チョウジエキス、甘草エキスなどのハーブ系エキスとの相乗効果により、肌のキメを整える成分・美白成分としてエイジングケア化粧品に用いられる。漢方では2000年以上も使われてきた民間薬(生薬)で、消炎作用があるといわれている。生薬名はインチンコウ。
カワラヨモギの花、葉、茎から抽出したエキスです。成分にはフラボノイド、タンニン、精油などを含んでいます。
化粧品においては、肌を清潔に保ち、肌あれ防止を目的とした基礎化粧品や、ふけ・かゆみを防ぐ頭髪用化粧品に配合されています。精油には皮膚病原性真菌の発育を強力に抑制し、殺菌する作用があります。


■ シコンエキス⇒      抗菌、UV防御、抗炎症作用

シコンエキスとは、ムラサキという日本北部の山野に自生する多年草木の根から抽出される成分で天然の植物色素である。シコニンともいう。

シコンエキスは、古くから皮膚炎用の消炎作用、真皮の再生を促す作用が認められている生薬の漢方軟膏薬「紫雲膏(しうんこう)」の主成分となっている。伝統的に布を染める天然色素でもあり、ヘナとの相乗効果で髪の毛を自然に黒く染めるヘアカラーがある。いたんだ髪にうるおいと色素を与える目的で髪の美容液というものもある。新陳代謝促進作用や殺菌、消炎作用があり、超音波美顔器ジェルパックにも配合される。皮膚再生および保湿の美顔成分として肌荒れやニキビ防止の目的で、多くの自然派化粧品、和漢植物配合化粧品に入れられる。

ムラサキ科の多年草ムラサキ(紫)の根から抽出されるエキス。
シコニンやアラントインを含みます。抗炎症作用や抗菌作用、皮膚再生促進作用、UV防御効果、保湿効果があるといわれ、ニキビ・創傷、湿疹、肌荒れ、シミ、シモヤケなどに良いといわれています。うるおいを与えながら、古い角質をとり、お肌のキメを整え、なめらかなお肌にするといわれます。また、シコニンは紫色の色素であるため口紅やヘアカラーなどに色調整の目的でも配合されます。


■ トウキエキス⇒      血流促進、抗チロシナーゼ活性作用

トウキエキスは、トウキなどの根から抽出したエキスで、古くから漢方薬として婦人病の諸症状などに処方されてきた成分です。血行促進、消炎、保湿効果のほかに、メラニンの生成を抑える美白効果もあります。血のめぐりをよくする成分がトウキエキスです。
トウキエキスとは、セリ科植物のトウキの根を熱水抽出(煮出した)したエキスである。
漢字では、当帰と書く。

トウキにはさまざまな薬理作用がある。解熱・鎮痛・筋弛緩・血圧降下・血液凝固・抗炎症・抗アレルギー・抗腫瘍・育毛など。トウキエキスを化粧品に入れる場合、抗炎症のほか血行促進、保湿効果があるため、肌荒れ防止や生き生きとした肌を回復させる。他の植物抽出エキスとの相乗効果で、ヘアケア製品や、モイスチャーローション、入浴剤などに入れられる。入浴剤などでは、温泉成分にくわえて、血行促進により身体があたたまる。漢方では、手足の冷えからくる諸症状に対処している。肉割れや妊娠線予防ジェルには、マッサージ効果とひきしめ成分として入れられる。


■ ニンジンエキス⇒    保湿作用、抗炎症、細胞賦活作用

ニンジンエキスは古来から最も珍重される穂薬で、その根が人の形に似ていることから古名を人参と言います。
ニンジンエキスに含まれるサポ二ン配糖体には、血流改善やたんぱく質・核酸の合成促進など髪の健康に有効な効果が認められ、抜け毛対策に役立つ成分と言えるでしょう。ニンジンエキスには疲労回復や神経細胞活性化、免疫力の増強などの効能もあり、朝鮮半島を含む大陸では、かねてより高麗人参が漢方として服用されています。高麗人参エキスには人参サポニン、ジンセノサイドなどの成分が含まれ、中国の臨床では、疲労回復効果、解熱効果、血圧調整効果、消炎効果、健胃作用、肝機能強化作用、止血作用、強心作用、抗腫瘍作用などの効能があるとされています。
また糖尿病の治療にも使われています。
高麗人参エキスは近年アプタゲンという成分に注目が集まっており、病気の治療や、疫病の予防に効果があるようです。
エイズの増殖を予防できたり、癌が消えたという報告もあります。
少量の摂取では血圧が上がり、多量に摂取すると血圧が下がる性質があることから血圧調整作用があるといわれ、高血圧にも効果があるといわれています。
高麗人参エキスは、造精子機能促進作用があることや、基礎体力があがることから不妊にも効果的と言われています。
副腎に働きかけホルモン分泌を促す作用もあります。


■ 霊芝エキス⇒       抗炎症作用、抗う触作用

霊芝【レイシ】とは
高湿度の山地の樹木や切り株に自生する、サルノコシカケ科の一種です。あ日本名ではマンネンタケ、その他にも、門出茸、仙草、吉祥茸などと
呼ばれることがあります。

霊芝は中国では、古くから不老長寿の仙草として珍重されているキノコです。
天然ものの霊芝は貴重で、古木 10万本につき、2〜3本しか採取できないといわれています。
しかし、1970年代に、中国と日本で人工栽培に成功しました。

そのため現在では霊芝は漢方や健康食品やサプリメントとして、利用されるようになっています。・ガンの予防や治療効果
・血圧降下や血栓を防ぎ、高血圧の予防や改善効果
・血糖値の調整作用による糖尿病の予防や改善効果


■ 他24種類の混合植物抽出液
(エイジツ、クララ、桑、シャクヤク他)⇒ 美白・過酸化脂質抑制・SOD様作用・抗炎症作用

 

 

漢方堂本舗独自のノウハウがすぐれた特許技術原料として認められています。 特許第3513874号

 

全身美容・美顔マッサージクリーム『摩訶クリーム』とは…

摩訶ゴールドは「いつまでも若々しくハリとツヤのある肌の実現」をコンセプトに“遠赤外線効果”と“30種以上の薬草”で 
肌の血行を促進し、細胞を活性化するまったく新しい
健康化粧品です。

既存の化粧品との違いは、明治政府以来国がその薬効を認定してきた、山形県蔵王の山中に眠るジュラ紀の薬石である【聖徳石】に着眼。 
この抽出液を50倍に濃縮したミネラル水をベースに、
皮膚・筋肉層に大きな薬効がある30種以上の薬用植物抽出エキスを加え完成させました。

漢方治療家の篠原早門氏が不思議な出会いの連鎖で、日本で初めてチベット秘伝の「珍珠」というノウハウを伝授され、その製造法をもとに実現を成功させました。

薬草の匂いが多少しますが、働きはすごいです。肌にハリや艶を与えるだけでなく、数回使用するだけで変化がわかる方が多く、
現在、治療院ルートで爆発的人気。リピート率が極めて高いのも特徴です。

 

 

ご質問などはこちら


トップページへ戻る