遠隔操作店の攻略の仕方実践編 

 

 

 

 



スーパーリベンジ
 コンテンツ一覧

 




メールマガジン
登録フォーム

 

パチンコメルマガ
メルマガ購読・解除
パチンコ革命軍
スーパーリベンジ
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
スロットメルマガ
メルマガ購読・解除
スロット革命軍
スーパーリベンジ速報!!
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
メーカーの動向を探る
メルマガ購読・解除
パチンコ・スロット
メーカーの動向を探る!
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ









 

スポンサー広告

スポンサー様の広告でサイトの
収益を上げています。
クリックに御協力ください。



関連サイトリンク

 

 

 

オススメリンク

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遠隔操作点の攻略の仕方実践編

スーパーリベンジコンテンツ「遠隔操作店の攻略の仕方」を読まれた方に向け
ここではいよいよ実践編を講義してみたいと思います。


ここでは、長期にわたって私達が開拓してきたホールの中から遠隔操作店で勝利を収めるためには
と言うことでレポートして行きます。
もちろん暫定的な意見もあり100%正しい意見という事ではありませんし
もしかしたら実際のホール関係者の方が御覧になられたら本物の遠隔とは
少し違う部分があるかもしれません。


その点を御理解いただいた上でこのコンテンツに目を通してください。

もし遠隔操作を詳しく御存知の方でこれからお話することが「著しく違う」と言われる方がおられましたら
お知らせ・御指摘下さい。よろしくお願いします。

メールはこちらまで



ある程度大きなパチンコ屋へ入る事が前提になりますが遠隔操作店の実践攻略も
出来ないわけではありません。

このサイトを御覧になられている多くのユーザーの方の悩みというのは同じような悩みで
「以前より勝てなくなった」というものだと思います。

一見、時短が搭載されたためにチャンスの間口が広がったように思いますが
実戦でのデータは時短が搭載される前より勝率においては下がっています。
極端な話、旧海物語の方が勝率がよかったという方が少なからず存在しておられると言うことです。









よくいただくメール



例えば全然知らない他県のホールに行くと3千円くらいで初当たり。
翌日も、その次の日も初当たりにそれほど投資はかからないと言う事が起こったりします。
初当たりは引けるものの確変ではない。確変でも伸びないというパターンです。
設置上の「遊ばせ台」ですね。

そんなホールで遊戯を続け1ヶ月くらい経ったら
いきなり初当たりすら引けなくなったと言う事が起こり始めます。

多分、日本中のどこへ行ってもこういう経験を持っておられる方はいると思います。
それも結構たくさんの数で。実際スーパーリベンジ宛に送られてくるメールの数も
この手のメールは非常に多いです。


これこそが遠隔操作店の独自の吸い上げパターンなのではないかと思います。
1ヶ月くらい経って出なかったときに多くの人間の心理として
まず初めに来るのが「負ける日もあるさ」と言う事です。


それまで勝率がよかった方ならなおさらです。
ですがそんな負けが何日か続いてくると吸い上げられた金額だけでも
10万円を軽く越えるような負け方をし始めます。


そうなると人間の心理としては「なぜ負けるんだ。他の人間よりパチンコは上手なはずなのに」
思うようになるのです。
実は遠隔操作をしているホールとしてはここがお客の吸い上げポイントになっているみたいです。

 


 恐ろしいもので「こんなはずはない」と過信しているときは、どうしても冷静さを失いますから
私たちがこのサイトでも述べている「熱くなりすぎないように」というのがどうしても出来なくなり
熱くなってサンドにお金を飲ませてしまう方が多いのです。
 そうやってしばらくお金を湯水のごとく飲ませやっと当たりが引けると
「当たった!!」
という感激のあまり負けの金額は忘れて単純に勝ったことばかりを
イメージとして残してしまうのです。
 30000円入れて2箱出たとすると換金をすればおおよそ2箱で14000〜18000程度になりますが
それでもまだ1万円以上は負けているわけです。



簡単に言ってしまえば、当たるのも外れるのも皮肉なことに遠隔の可能性が高いのです。
そう解っているなら辞めればいいのですがゲーム的に面白いのでついついホールに通ってしまう訳ですね。
私たちが頂くメールで疑問に思うのは「それならばなぜホールを変えない?」というものなのですが
多くの素人の方はあまりホールを変えられないみたいです。


それは時間がないからそこにしか通えないと言うものもあれば知り合いがいるから
遊戯だけでなく情報交換に行くという人もいます。落ち着くから。ただなんとなくなんて人もいるみたいです。


その店の常連さん=一番のカモとされている 
それをを知っていても通うということらしいです。


私たちの感覚では現在ほとんどのホール。
それも大多数に何らかの形で遠隔システムが導入されているものと思われます。

 




なので遠隔操作店の攻略の1つとして
「顔を覚えられないように多数のホールに出向く」
と言う事がなんと言っても堅い考え方のようです。

遠隔操作をしているお店のほとんどがあまり見覚えのない客には爆発的に出したりします。
これはそのお客を常連にしてしまいその後で搾取してしまおうというような意図が働いていると思えます。
ならばその逆手を取り自分自身が「あまり見かけない客」になれば良いのです。



もう一度書いておきます。

顔を覚えられないように
多数のホールに出向く

ということです。







先日(2004/3月頃)も全日遊連が新売上捕捉システム発表へ向けて会見を行ったようです。

もう何年も前から議論されていることなのですがプリペイトカードに頼らない運営をしたいと思う
店舗サイドと執拗にプリペイトカードを導入させることで売り上げのある程度の管理をし、
税金滞納などの誤魔化しを許さないように
活動していた天下りの間に新たな進展があったようです。



玉貸機、メダル貸機なども新たに作成されているようでこれによって
別の管理団体が活動開始するような感じらしいです。


 ですが結局は管理団体が変わるだけで私たちの勝率には
ほとんど結びつかないと言うのが実際の所のようで
この件でもホールサイドが玉貸機(サンド)等を交換するのかどうか、
しばらく見ていたほうが面白いかもしれません。




換金を大幅に安くして営業すれば・・・遊びやすいんじゃ? 
しかしこんなことは地域の遊戯組合が許さないのだと思います。



簡単に言ってしまえば「警察」「ヤクザ」「政治家」「北朝鮮(および黄色人種系諸外国)」等の
関連、関与などによってはっきりと白か黒かわからない「灰色」な世界を作り上げているのが
今のパチンコ業界だと思います。
現状維持のままお金を更に吸い上げる方向で
私たちは遊びながら搾取されているものなのかも知れません。

 



それがどんなに表向きがレジャー施設のような
アミューズメント化が進んだとしてもです。



そこで今回は遠隔操作および搾取システムの概略を説明してみます。
※搾取システムとは遠隔ではないにしても金銭を搾取する様に作られているシステムのこと。
別名、集金システムとも言うようです

この搾取システムは現在では管理室で行われる場合もあるようですが顧客の顔を覚えるという
初期段階のことはまだ店員さんがされているようです。

■客がイスに座り店員は客の顔を覚えるこれが第一段階です。

おおよそこの後の手記はみなさんの予想通りだと思いますがこの場合はその通りです。

■次にある程度になればもう出さない

ということのようです。



最近ではどういう仕組みになっているのかわかりませんが大型店においては
一度マークした顧客には徹底して出さないということもあるみたいです。
これは店員がマークしているわけでもなんでもなく、
どうも監視している人間が別の部屋にいるようなのです。

某、大手パチンコ店の店長をされていた方は今後の監視システムについてこんな話を聞かせてくれました。


「今はね。まだ、人間の力でやってるけどもうそろそろコンピュータなんかの監視システムが
一般化されるんじゃないかな? 最近ではフラッシュのプログラムなんかを本職でない人が
結構なプロ顔負けの仕事をしたりするだろ。このパチンコ店の防犯システムも
100%ではないにしても客の顔をコンピュータに記録しておいてそいつが来ればマークする
と言うような仕組みが出来つつあると思うよ。今でもアルバイトなんかにマークさせたりしてるけど
そいつが退職したときの事なんか考えるとよそで何しゃべられるかわからないしね。
経営者もバカではないって事さ。」



意外と的を得ている発言だと思いました。
そして完璧にコンピュータ監視していないにしても一部分だけコンピュータに仕事をさせている
監視機能つきのシステムもあるにはあるらしいです。









それでは次に最近のポピュラーな遠隔操作の実態をいくつか実例を挙げながら説明していきます。

もちろん健全な経営をされているホールがこのようなイベントを行っている場合も多々あり
全てのホールで遠隔が行われている訳ではありません。
なのでみなさんも行きつけのホールと比較して見てください。




ポピュラーな遠隔操作店の手口



まず、メンズデー、レディースデーなどのイベントが頻繁に起こるホール

メンズデー、レディスーデーなどに限らずメンズコーナー、レディースコーナー
などを作っているホールに多く見られる遠隔操作です。



ここでまず見て頂きたいのはです。スタートの上の釘が開いていてその周りの 4本程度の釘が
若干上を向いているような状態に叩いてあるホールの場合
早く言えば普通の日よりよくまわるというような釘の叩き方をしているホールは
健全なイベントを打たれているとも考えられますが
釘はさほどいつもと変わらないのに出玉だけが
いつもと違うというような感じで出ているホールは要注意です。



釘がいつもと変わらないのに玉の出方だけ違うというだけでもあまりに不自然で本来ありえないことです。
例えば釘がいつもと変わらなくても日によっては突然大量に出るということもありえますが
その多くの台がイベントの日に示し合わせたように出るというのがおかしいのです。


 コーナーによって割り数を設定できると言うのも
「遠隔操作やってます」
といっているようなものだと思いませんか?

 


ちょっと乱暴な書き方になってしまいますが、遊戯する側の意思が全く関係なく
店舗の思うままに遊ばされている以上はそういえると思います。



だからといって遠隔によって出ないということではなく
その遠隔によって出そうとしているホールもあるのでこの部分は取り違えのないようにお考えください。

 一般にテレビや雑誌、あるいは以前にパチンコ店に勤務していた方が
公開されているホームページなどを拝見し
平均を考えてみると小規模なホールでも1日の売り上げが1000万円程度、
大規模なところになると2500万円程度に仮設定されているそうです。

人件費や台の入れ替えの資金、電気代などを省いてもこの金額はあまりに暴利すぎるような気がします。

あくまで理想論ですが割り数設定によって出玉を調整できるなら
普段の日からもう少しお客に勝たせてあげたほうがホール全体の総稼働率が上がり
人気店として地元のお客さんに支持されるような気がします。








次に怪しいのが「大工の源さんVS仮面ライダー」等と機種別対決のイベント性を謳っているホールです。


これも全く同じなのですが釘が甘ければ特に問題はないのですが
釘はそんなに変わらないのにその台だけがその時だけ極端に出るというのもおかしな話です。
このように書けば割り数の事を話題に上げ反論される方もおられますが
一般的なホールにおいて意図的に出したり出さなかったりできるのが当たり前なのでしょうか。


イベントのときに以前よく見られた遠隔操作店の光景として海物語3Rを例に取りますと
魚群が3回連続で出る、サムがハズレる等があり何らかの形で遠隔操作の予兆は見られるようです。

このようなホールの場合はこのイベントの時だけ行って他の日には打たないというのが理想でしょう。
遠隔とはいえ集客の為に出そうとしてくれているのをみすみす見逃すわけには行きません。

 

ここでのポイントとして
遠隔でも出そうとしている時になら
利益を上げる事が十分にできる。

といえると思います。



次にチェーン店展開しているホールなどは意図的に出玉を削ると言う事があります。

チェーン店化しているホールで突然以前より出玉が悪くなったと言う話を聞く事があります。
それも1店だけでなく周囲の同系列のチェーンもです。
そして半年程度、そんな状態が続いた後、新たなチェーン店が開店したり
改装リニューアルオープンになる古い店舗が出てきたりする事があります。


店舗サイドは「前年度の売り上げの中から改装費を出していますのでお客様のご遊戯に影響はない」
といいますがその半年前から急に出なくなる事を考えると何らかのスケープゴートがあるのだと思います。



 ちなみに以前あるホールの副主任をしていた方は
「○○さん達だから特別に教えるけど今から半年くらいは調達する現金が必要になるからしばらくはあまり来ないほうが無難かもよ」
と教えてくれた事がありました。

これをそのまま直結して話を結ぶのも情報不足の点があり絶対視は出来ないのですが
私たちの対策としての戦略としてはやはりお店の店員さんと仲良くなり新規店舗の出店などに関しても
情報を早く仕入れる事に尽きると思います。常連さんと仲良くなっておいて
横のつながりを持つことも実は大事なことなのです。



1つだけではなくいくつもの情報網を持ち信憑性を考察することが結果として
遠隔操作店の攻略に繋がります。



例えばレディースデー、メンズデー、機種別対決などの場合は遠隔操作とは言え
情報により勝つ事が出来るわけですからこの辺りの情報網は結構重要になってきます。

「○○ってホールのイベントは前からあまり出ない、大したことないよ」という情報や
「▼▼ってホールは以前は出してたんだけど最近はね」という情報や
「◆◆ってホールはこの前はすごかった、どうも店長が変わったらしい」

というような情報が常連さんからも入ってくるようになるだけで随分、先行情報があるわけですから
初めていくホールなどでは軍資金を抑えながら勝負する事が出来ます。








もちろん自分でホールの下見をしてその情報との比較をし、
どの程度の輪郭であるかを考察する事を忘れはいけません。



 以前私たちが活動していた九州のホールでも似た現象がありました。

北朝鮮とつながりがあると以前から言われているホールです。


そのホールの店長は大変感じの良い方でお客さんの事を大切にしていた方でしたので
割りに客付きはよかったのですが、次に来た店長というのが大変な暴利経営をされ始めました。



常連のお客さんからは「元○○大学の相撲部だったらしい」という話を聞いていました。

その時はその話も話半分に聞いていたのですが、とんでもない出来事が起こったのです。


 そのホールは10時開店で9時50分頃からお客さんの入場を始めるのですが
ある日その5分前位にお客さんがいる前で
店員さんが出てくるスタッフ用の出入り口から九州場所に来ていた
相撲取りたちがぞろぞろと4〜5人出てきたのです。
そしてスロットの台などに店長の指示通りおもむろに座り始めました。



それから一般のお客さんの入場です。
その結果その相撲取りたちだけが20万円程度の勝利を収め帰っていったのです・・・・・・・・・・・・

果たしてこの相撲取りたちはスロットで生計を立てているのでしょうか?

これを「たまたま」なんていえるでしょうか。明らかな「遠隔」ではないのでしょうか。


常連の方などは「サインをもらったから力士の名前もわかるよ」
「写真を撮ったおばちゃんがいたから顔もわかるかも」
と教えてくれ裁判になった時は自分達も証人として出るから裁判しようと言うような空気になっていました。


それで私たちはいろんなルートからその店長の情報を集め訴える準備をしていました。
その矢先、証拠隠滅かはわかりませんがその店長がいきなり左遷になったのです。
店長からチーフマネージャーになって地方に飛ばされたという話でした。

その後、関連性はわかりませんがそのホールは1ヶ月半程改装して
「リニューアルオープン」
ということで何事もなかったかのように運営を始めたのです。

お客さんや常連さんのたくさんの声の中には
「あの時期の暴利経営がこのリニューアルオープンの改装費に当てられたに違いない」
という意見も多く今でもこの店舗は苦戦しています。
口の悪い常連さんにいたっては
「前年度のお金は北朝鮮に行ってるんだろうから、今年巻き上げたお金で改装したんだと思う」
とも言われています。

 


それもそのはずです。今でもクチコミでこのお店の評判が常連さんたちに伝わっているのですから。
私たちが見ている限りにいたっては一般のお客さんも普通のお店なら30.000円ほど使うけど
このホールでは10.000円くらいしか使えないと思って打っているようです。


ここで何を言いたいのかですがずばり
遠隔と思われるお店での軍資金は少なめに
ということです。

 

 



それではここで、このコンテンツで解説した3つの事をここでおさらいしましょう。

顔を覚えられないように多数のホールに出向く

遠隔でも出そうとしている時になら利益を上げる事が十分にできる

遠隔と思われるお店での軍資金は少なめに

ということです。この3点を良く考えホールの攻略を行ってみましょう。

これだけで随分収支は変わるはずです。

 

 


こんなお店には行かないこと

 

 

それでは最後にこんなお店には行かないことということで書き記したいと思います。
ホールの性格から見て「夜に出すタイプの店」には絶対行かないほうが良いと思います。

このタイプのお店の特徴として朝や昼のうちにはあまり出さないというのが顕著に見受けられます。
簡単に言えば「朝から昼にかけての客は遊び人が多いから
どうせならサラリーマンのリピーターを作りたい」
という
お店サイドの思惑によってカモにされているお客が多いホールと言えるでしょう。



このようなホールではサラリーマンが大変良く勝利を収めているのが見えますので
一発で判断できると思います。
遊び人から集金した多大な金銭をサラリーマンなどに一部お返しする
というような経営方針ですね。

このような場合一般には「夕方くらいからエンジンがかかってきた」等という方もいますが
そんなことは決してありません。



たまにこう言う現象が起きるならともかく毎回こう言う現象では勝利は難しいです。

このようなお店には行かない事をお勧めします。

このタイプのお店の負を考えただけでも収支の安定を図れるはずです。
勝ちが多くなるというより負けが少なくなるという感じでお考えください。







あとがき


みなさんから頂くメールの中に「遠隔操作店の攻略の仕方」を読んでから
攻略法の使い方も変わったと言ってくださる方が増えました。
最近では「遠隔操作を攻略しよう」と言うような私たちのコンテンツを
そのままパクリで掲載している攻略会社もあるようです。
驚くことに電話での対応もそのままその中身をパクリで語られているとか。


このスーパーリベンジも大変に有名になってしまったらしくみなさん各自でそのようなトークに
引っかからないように防衛策を練られているようで頼もしい限りです。
恐らく今回のコンテンツにしても「思い当たるフシがある」といわれる方も多いと思います。



スーパーリベンジの強みはファンの方や実験会員の方とのやりとりの中で広く
日本全国からの情報を得る事ができる為
細かな情報についても常に把握できるところにあります。



今回のレポートについても多くの方の意見を取り入れスーパーリベンジで
いろんな考察をしながらここまで辿り着きました。
前回の遠隔操作店の攻略の仕方があまりに衝撃が大きかった為、
今回の実践編ではそれほど衝撃はないかもしれません。



ですが地味だからこそお伝えする事ができたコンテンツだと言うことで
このコンテンツの意味を御理解いただければと思います。


御質問・御感想は「こちら」まで。

 

 

 

 


 




 上の「BACK TO THE MAIN PAGE」を
       クリックするとトップページへ戻れます。

 

Copyright (c) 2001  super revenge  All rights reserved

 

 

 

 

 

 



相互リンク(募集中です。限定数あり)

   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
 
オークションとメルマガ
で稼ぐ方法
とにかく稼ぎたい人必見です。一度は御覧下さい。
無料レポートも絶賛配布中!
   
   
   
   
   
   
   
   
   
GDI サイトで
お金を稼ごう!!
無料映像で稼げるアルバイトです。