パチンコ・スロットメーカーの動向を探る


2009年3月作成レポート

 

 

 



スーパーリベンジ
 コンテンツ一覧

 




メールマガジン
登録フォーム

 

パチンコメルマガ
メルマガ購読・解除
パチンコ革命軍
スーパーリベンジ
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
スロットメルマガ
メルマガ購読・解除
スロット革命軍
スーパーリベンジ速報!!
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
メーカーの動向を探る
メルマガ購読・解除
パチンコ・スロット
メーカーの動向を探る!
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ









 

スポンサー広告

スポンサー様の広告でサイトの
収益を上げています。
クリックに御協力ください。



関連サイトリンク

 

 

 

オススメリンク

 



 

 

 

パチンコ・スロットのメーカーの動向を探る!!


全国に点在する多くのパチプロにとって、勉強するのはホールの釘やイベントだけではありません。

例えば、本当のプロはメーカーの開発状況を知っておく必要があるのです。




・メーカーがどういうタイトルの新しい台を作っているのか? 
・その台はどういう開発状況にあるのか?
・直営店の設置店の状況がどういう感じか?
・一般のホールに導入(先行導入を含む)されるのはいつ頃なのか?
・ズバリ、そのタイトルのスペックはどれくらいなのか?



まぁ最低でもこれくらいは知っておいて欲しいところですね。


またもっと細かい部分を書くと



・そのタイトルで興味がわくか?
・一般客は喜んで遊戯しそうか?
・そのタイトルで、異なるスペック(甘デジ、ミドル、MAX)
 は何タイプくらい出そうか?



等も知っておいた方がいいと思われます。



台の人気によって、その台の寿命と言うものが決まります。
パチプロはその台の寿命も計算して立ち回りをするのです。



2006年以降、1円パチンコの台頭によって


「そこまで新機種にこだわった仕入れをしなくてもいい」


と考えるホールのオーナー様も多くなってきましたし
以前の入れ替えでは【新機種3種類導入!】だったのが
【新機種1種と、中古2機種導入!】という
経費を押さえた仕入れも多くなってきたように思います。


経費をおさえ、回収力を
upさせるということはどういう事になると思いますか?


簡単に言うと新機種と呼ばれる機種が雑誌に載る頃には、みなさんはホールの回収に
付き合わされてお金を失うばかりと言うような結果になりかねないのです。


またメーカーによって流行がありますのでそれも頭に入れて置いてください。



今この文面を記しているのは2009年の3月ですが2000年以降の流れでご説明しますと
2000年頃まではメーカーによる強弱も今ほどではなく
「大工の源さん」「ギンギラパラダイス」「モンスターハウス」
どのメーカーにも看板機種と言うものがありました。




その後、ダイイチというメーカーが「天才バカボン」「ピンクレディー」等を立て続けにヒットさせ
業界ではダイイチが面白いと思われるようになります。



その後、京楽も仕事人シリーズをはじめとして人気機種を出しますが、
このメーカーはハンドルバイブなどの斬新な機能をつけたことでも有名でした。
今ではバイブが禁止され「P-Frash」という機能になりましたがハンドルで魅せるという事に
特化したメーカーです。




その後ダイイチはブームが去ったように面白いと思われなくなります。

2008年などは「ワニワニパニック2」「ミニスカポリス2」等のような、
なかなか面白い機種を開発していましたが
ホールには大量導入と言うような形にはなりませんでした。
その為これらの台については存在を薄く感じる方も多いようです。




「ナナシー」「龍凰伝説」「デンデンデン」等の豊丸産業(トーヨーテック)も
「ローズテイル」「キャプテンロバート」
等、
打ち手の評価は高い変則台を出しましたがホールに大量導入されることはなく、
一時の勢いはなくしています。





2009年の現在では「京楽」「三洋」「三共」「ニューギン」辺りが
メーカーとしてホールに与える影響は強いようです。
この先、どういう風に業界の勢力分布図は変わっていくのでしょうか?


個人的には「オグリキャップ」「パチクエ」「牙狼」等でお客のハートを
ガッチリつかんだサンセイR&D等がこれからしばらくは
主流的なメーカーになるのではないかと思っています。




例えば、今から4ヶ月後に影響力の強いメーカーが新しい台を出すとするとホールの予約が始まります。
導入によっては最低40台買わなければならないと言うセット的な販売方針や、
その台を早くホールに納める代わりに
そのメーカーの別の台(メーカーにとっての在庫処分になっている)も抱き合わせで買わされたり
と言うような縛りつけもありえるのです。




そして、それらのパチンコ台は私達の懐から出て行くお金で買われているのです。
だからこそ私達はよりホールの導入傾向を見抜き
「どの程度出す気があるのか!」
を見極めなければなりません。

 



ヒドイ運営をしているホールなんかは海物語だけ出していれば何とかなるという考えを今でも持っていたり
人気機種ではない「付き合い」で仕入れた新機種は最初から釘がガチガチに絞められていたりしますから
たとえその機種が出来のよい面白い機種であったとしても
その面白さが十分にユーザーに伝わらないうちに撤去という事になってしまいがちなのです。


それでは私達はどういう情報を仕入れていけばいいのでしょうか?

 

 

今回、私達は今まで発行していたメールマガジン「スーパーリベンジ速報」とは別に
新機種情報、開発段階情報に特化したメールマガジン
を発行することでみなさんの長期スパンでの戦略をサポートできないかと考え
そのメールマガジンの発行に着手いたしました。


ズバリ、半年先にホールに設置される台は?
今、メーカーが開発中のタイトルは?
ホールの予約を取り始めたメーカーは?

等、みなさんが知りたかった5月先、6ヶ月先、あるいはそれ以上の情報をご提供いたします。



メルマガのイメージがわかないという方の為に
サンプルをこちらにおいています。

どうぞスーパーリベンジ速報と併読される事で更なる勝利を目指されてください。

 

 


 

 

 

 


 




 上の「BACK TO THE MAIN PAGE」を
       クリックするとトップページへ戻れます。

 

Copyright (c) 2001  super revenge  All rights reserved

 

 

 

 

 

 



相互リンク(募集中です。限定数あり)

   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
 
オークションとメルマガ
で稼ぐ方法
とにかく稼ぎたい人必見です。一度は御覧下さい。
無料レポートも絶賛配布中!
   
   
   
   
   
   
   
   
   
GDI サイトで
お金を稼ごう!!
無料映像で稼げるアルバイトです。