反対です・・・ 
2000.8.22
東京都在住
主婦 24才


私は24歳の主婦です。
鯨関係の仕事がしたかったのですが
結婚してしまい・・・今は夢です!

私の親も鯨の肉など食べ育ったと聞きました・・・・
鯨って人間に近い頭のいい・・・動物ですよね・・・?
いろいろ生体など調べてると・・何故かすごく親近感があり・・・・
別に食べなくてもいいものではないですか?
昔はともかく、今は他に食べる物がある時代なのにー。

私個人鯨好きということもあり・・・なんか胸が痛い思いです・・・・。

ご意見ページへ TOPページへ


大学を教えて下さい
2000.8.26
大阪府在住
高校3年生

私(現在高3)は鯨類や海に住む哺乳類にとても興味を持っていて、
将来、鯨類や海に住む哺乳類の生態の研究や保護に関わる仕事に就きたいと
思っています。
そして、大学に行ってその目的のために鯨類などについての基本的な知識や
その他の必要となる知識を得たいと思っています。しかし、どこの大学のどの学部、学科で学べるのかわかりません。
もしよければ、どこに大学のどの学部、学科で学べるのかできるだけ詳しく
教えて下さい。

ご意見ページへ TOPページへ

「捕鯨に対する
日本の立場」

2000.9.13
東京都板橋区在住
会社員 55歳


食料不足の昔ならともかく何もわざわざ多くの国からの
反対を押し切ってまでして鯨をタンパク質補給のために殺す
必要はないと思います。
日本は捕鯨賛成の立場をとっていますが、本当に過半数の
国民が鯨の肉を食べたいために捕鯨に賛成した結果を反映しての
IWCでの日本の主張なのでしょうか。
もし、一部の営利団体の強い意見に押された結果をあたかも
日本国民全体の意見のようにして捕鯨賛成の立場でふるまって
いるのでしたら相当罪なことですし是正されなければなりません。
ホエールウオッチングを一度でも経験された人なら、この鯨が30〜
50年生きていればこれからも何万人という人々に感動を与えられる
のに殺して食べてしまえばそれでおしまい...........と思っています。
捕鯨を職業にしていた漁師さんも鯨を取り尽くせばそれでこれからの
収入はゼロ、しかし、ホエールウオッチングで船に人を乗せて出せば
鯨の頭数が増えれば商売繁盛、客も増えて将来も収入の心配も
なくなることに気がついています。
どちらの行為が人の気持ちをやさしくしてくれるのか考える時に来ていると
思います。

ご意見ページへ TOPページへ

9/13分の返事に
対する考察



さっそくの御連絡をありがとうございます。お互いに全く意見の違う者同士が
感情的にならずに意見を交換できる事は、すばらしいことだと思いました。
自分の今までに知り得なかった情報を教えてくれるのですから良い事だと
思います。

さて食文化の違いからでは、インドでは、神聖な動物でも欧米では、
ステーキになっています。中国では、猫が食肉用として売られているのを
テレビで見た事があります。それぞれの国でそれぞれの食文化がある事は、
全くその通りだと思います。
例えば、アメリカを例に取って見ますと、アメリカがインドの神聖な牛を
輸入して食べている訳でなくアメリカは、自国で食する牛は、全て自分の国で
増やして利用しています。したがってアメリカにいる牛は全てアメリカのもの
なのですが、鯨の場合は、世界共通の海にいますので誰のものと特定できない
ところが、日本の立場を苦しくしています。
日本も可能ならば鯨牧場をつくり、ここで増やした鯨だけを食べるようにして、
大海の鯨は、一頭も殺さないようにすれば、諸外国からの風当たりも少しは、
違ってくると思いませんか?そうすれば、食物連鎖の自然のメカニズムに従って
鯨の頭数が増減する事まで日本のせいには、してこないと思います。
個人的には、鯨牧場ができたら、お金を出して食べに行くのでなく見に行きます。
ごめんなさい!

ご意見ページへ TOPページへ

捕鯨問題の感想と意見
2001.2.13
大阪府在住
会社員 37歳 男性

反捕鯨の立場を考えると、なぜ鯨はだめで、牛や豚・鶏など家畜は殺してもいいの?と疑問がわきます。
でも大半の方は「家畜は食べるために養殖している。鯨は野生生物だ。野生生物は保護しなければならない・・・・」、というでしょう。

でも、捕鯨を反対する国々は、魚など養殖できない他の動物についてはあまり反捕獲運動は盛り上がっていません。それは欧米人にも自然界から魚を捕って食べる食文化があるからです。(マグロの禁漁運動はありますが、イワシやアジを禁漁せよとはあまりいいません)

同じ野生生物の鯨だけを取り上げるのは矛盾しています。そして日本人はその鯨を食べてきました。それも肉の一辺・血の一滴までも有効に使うすべを持っています。西欧人が油だけ取って乱獲したことと比べたら偉い違いです。

「日本人が現在鯨を食べなくなった=これが食文化といえるのか? 捕鯨企業の主張を日本の主張にするのはおかしい」と、疑問を投げかける方もいます。しかし、日本人は遙か昔から鯨を食してきた歴史は文献・物的にも事実としてわかっています。今食べる事が少ないのは、
@食の多様化・豊かになってきた事
A商業捕鯨の縮小・禁止で鯨が市場から減って高価となり、 手軽に食べられなくなった事ところが反捕鯨を唱える人のなかには、現在の食の環境で即断する傾向があります。あまりにも不勉強です。

また調査捕鯨はIWCで認められた調査活動ですし、捕らえた鯨肉を食用として売ることも、捕獲した鯨を無駄にせず有効に使えというIWCの指示にしたがって、調査捕鯨の費用に充てられます。
なにも無法行為ではないのです。飼って研究できる鯨は限られる以上、調査捕鯨は現段階では有効な手段でしょう。反捕鯨の人達が具体的な数値をあまりだせないのも有効策がないからでしょうか? だから感情や倫理観で反対するのか?

よく「鯨をナマで見ると、あれを殺して食べることは出来ないはずだ・・・・」という人もいます。でも日本には人はそういう畏敬の念を思いながら鯨を食べてきたのです。決して野蛮なおもいでありません。

わたしの祖父母は長い間、養豚をしていました。といっても雌豚数頭の小規模なものです。生活のためとはいえ、殺すために生き物を育てるのですから、それは後ろめたい感じはあったでしょう。だからこそ肉になる運命の豚であっても、せめて出荷まではと、とてもかわいがっていました。そしていつも出荷の日は泣いてました。こんな農家はいっぱいあったと思いまず。そこには残酷とか商売なんてものは超えた思いがあったからでしょう。

日本がもし捕獲だけ考えているのなら、IWCをとうの昔に脱退しているでしょう。保護も考えているから残れるのです。もしアメリカが同じ立場だったら、とうの昔に脱退してますよ。「自由と固有の食文化」を掲げてね・・・・。これはあくまで例えですから。(^_^;A

私はかつてのように無制限な捕鯨は断固反対します。
しかし、一面的主観から抜け出せない批判。不勉強や欧米の反対意見を鵜呑みしたものが多い反捕鯨の立場にはなじめません。むしろ食文化を守るため。いろいろな試みで奮闘される捕鯨関係や販売される方のほうが、冷静にかんがえている気がします。
捕鯨の賛成者も反対者も、鯨を保護する気持ちを同じにする者どうしなら、互いに批判ばかりせす、共に徹底的な鯨の現状調査をすることが先決だろうとおもいます。

ご意見ページへ
TOPページへ

人間以外の生物は
差別区別なく
食べていいのです
2001.7.14
東京都在住
自営業 47歳 男性

人間以外の生物は、差別区別なく食べていいのです。
あたりまえのことです。

鯨は知能が高くて威厳があり、かわいいので食べなくてもいいのでは。
そんな意見は、他の動物に対して失礼です。
私が牛だったら絶対抗議します。
知能の高い低いに限らず生物の命は等価だと私は思います。

その反対を考えてみてください。ヘビは知能も低いし嫌いだからみんな殺せ。
おかしいとすぐに気がつくでしょう。

獲ること、つまりは食べるために殺すことをすべて人任せにし、
自らの手を決して汚さない現代人が陥りやすいセンチメンタリズムです。

自ら殺してさばけば、おのずと命への畏敬の念は生まれるはずです。
彼の死で自分が生きるということを実感するはずです。
それが生命輪廻のダイナミズムというものではないでしょうか。

けれども、鯨は自分では獲れない。そこにこそ人間の知性と想像力が発揮
されるべきです。
無知というのは罪です。食文化にかかわらず、他者の文化に対して知性と想像力と
寛容さを持たないものを野蛮というのです。
食文化というのは、そんなものを食べなくても生きていけるからいいのでは、という
軽いものではないはずです。ある意味では、戦後 食文化をそのように軽んじた結果
が今の殺伐とした世の中につながっているのかもしれません。

また、地球の生態系の面から見ると、鯨を捕りすぎることも生態系への介入なら
鯨を捕ってはいけないということも、大きな生態系への介入といえます。

いずれにしても、地球の生態系は人間の力でコントロールできるという
キリスト教の覇権主義を土台とした、人間のおごりがみてとれます。
彼の地でも、そういう考えに対して疑問を唱える意見が増えてきました。

まず、鯨は食べていいということ。もちろん獲りすぎない。
鯨見物(ホエールウォッチング)もどんどんやろう。
食べることと、動物愛護は両立するものです。

最後に、野生生物との共存・共生ということが盛んに言われますが
野生生物の側から、妥協や共存を言うことはありません。
変えたとすれば、それは生態系の変化、破壊なのです。
結局は人間の側の問題なのです。
生物は決してゴミを出しません。たとえ同じものを出してもゴミとは言わないでしょう。
いまこそ人間の謙虚さと英知が真に求められているのだと思います。

ご意見ページへ TOPページへ


捕鯨大賛成!!
2001.8.5
兵庫県川西市在住
会社員 46歳 男性

捕鯨反対のご意見を見て、その人とお話したいと思います。
アメリカの現状をみてください。極度の反応、アメリカ先住民の食文化が変わっても、
アメリカ人はなんとも思わない。
鯨のほうが、大切だと・・・これは、もう話し合う余地もない。
日本が、どれだけ鯨と密接に関係してきたか、
アメリカ人、イギリス人の白人は誰も判らない。
彼らが、どれだけ鯨を殺してきたか、
日本は、もっと強固に、世界へ進出する必要がある。
鯨がかわいそうなら、牛、ぶたはかわいそうでないのか。
感情で考えることはやめてほしい。

私は、鯨を食べ育った人間です。
あまり捕りすぎてもいけないが、調査捕鯨を行い。きっちりと管理すれば
自然破壊にならないと思います。
もともと、日本人は鯨を食べ、牛肉は、あまり食べなかった。
善玉コレステロールの鯨は、ヘルシーな食料であることを、もっとアメリカ人にPR
したら、理解してもらえるのでは?

鯨を食べたことの無い人間はほんとうにかわいそうです。
反対している人に、鯨の肉と知らせずに食べてもらいその味で、判断してほしい。
何でも、反対、かわいそう、それだけでは意見を言う人が多すぎる。

ご意見ページへ TOPページへ



商業捕鯨が再開
できるように
なったらいいのに
2001.11.26
奈良県北葛城郡
30代女性
わたしの父は太洋漁業に勤めておりました。
鯨肉は非常に容易く手に入りましたので、尾の身の刺身やベーコンなど、
子どものころいやというほど食べました。鯨は大変美味しいものです。
鯨を取り巻く今の世界情勢をこうしてUPしていらっしゃること、
捕鯨国日本においてとても大切なことと思います。
鯨はやはりヒゲ鯨の方が美味しいですし、反捕鯨国の圧力に屈せず、
商業捕鯨が再開できるようになったらと常々思っています。

ご意見ページへ TOPページへ


鯨肉は
アトピーにいいと
聞きましたが・・・
2001.12.3
愛知県在住
主婦 30代

こんにちは
初めてメールさせていただきます。
私は愛知県に住む30歳の主婦です。
子供は3人いるのですが、2番目の子がアトピーで、
先生から、鯨の肉は良質で魚に似たものがあり、
良いのではないのかというお話を受けたのですが、
あまりスーパーなどで見かけません。
インターネツトで食料品を買うのは初めてで、
しかも少量のアレルゲン(アレルギーとされているもの)でも反応するので
少し慎重になっています。
また、冷凍保存も可能なのでしょうか?
油であげることが出来ないので、焼くか、煮るかしか調理方法がありません。
私自身は給食ででた竜田揚げが懐かしいのですが・・・
鯨はかわいいとは思いますが、おいしいのは事実ですし・・・
できれば子供にもおいしく食べさせてあげたいと思うのですが・・・

捕鯨反対の方は鯨が哺乳類であること、かわいいこと、
数が少ないことなどがあげられるからだと思いますが、
私自身生き物は殺さなくてもよければそれに越したことがないことは思いますが、
生活の中で必要としているから取るのであると考えています。
またその死を無駄にしないように残さず食べることも大切なことだと思います。
ちなみに、私の実家では、イルカの干物も店頭にならんでいます。
(私は食べたことがありませんが)

ご意見ページへ TOPページへ


五島列島の鯨所
有川町出身者より
2002.1.18
横浜市在住
男性 60歳

私は五島有川町の横浦という、江戸時代からの捕鯨基地跡で
 育ちました。 家が3件しかなく、電気も水道も無いところでした。
■貴店HPの記事にありましたように、有川は江戸時代から捕鯨
 の盛んな土地で町史によりますと、最盛期には捕鯨に携わる人
 が800人を超えたそうです。

■江戸時代からの近海捕鯨が衰退して、南極捕鯨が始まりますと
 多くの町の若者がそれまでの技術ノウハウが買われ南極捕鯨の
 作業員として活躍してきました。
■戦後は食料難のため特に盛んで町も大いに潤いました。
■私の兄も3人捕鯨船にのり冬は南極、夏は北洋と出かけました。
■戦後横浦で、日本水産が近海捕鯨を試みましたが、一頭も捕獲
 出来ずに終わりました。

■そのような訳で町民は鯨が大好きで、冠婚葬祭に鯨は欠かせま
 せん。
■鯨の内臓も大好きで、百尋・マメは良く食べましたが現在高価で
 食べたくてもなかなか食べれないようです。

■昨年4月母の一周忌の帰り、平戸をめぐってきましたが、有川と
 違い城下町でなかなか良い所でした。
■生月の鯨資料館は圧巻で感動しました。

■貴店の益々のご発展をお祈りいたします。


ご意見ページへ TOPページへ


鯨の髭は、釣竿の
微妙な震えに
最適なんです!
2002.4.10
群馬県在住
男性 30歳代
鯨の髭の件では、本当に無理ばかりで申し訳ありません。
私たちの世界(つまりワカサギ釣りの人たち)にとって、鯨の髭は本当に
すばらしいものなのです。
なんというかあの縦の繊維ですか?あれが微妙なふるえ(ゼロコンマ何ミリか)を私たちに教えてくれます。
海が近くにあればそんなお魚釣りはしないと思いますが、
海のない群馬の人たちにとってはワカサギ釣りは最高の楽しみなのです!
(人によりますが)
今年も12月の末から3月の末まで、氷点下の世界で楽しんできました。
次は9月のボート釣りなんですよ。それまでにいろいろと準備をととのえたいと思います。

いろいろな材質が今までに試されました。
ビニールのベンチを削ったもの・塩ビ管を削ったもの・レントゲンフィルム・ホスボン・釣り竿が入っているケース・ウスターソースの入れ物・なっちゃん(オレンジジュース)・ペプシ・真竹・昔のおもちゃのバネ・ホスボン・グラスファイバー・・・・・
今私たちがたどり着いたものは結局先人たちが編み出した鯨のひげ・爆竹(昔の民家の屋根裏についている燻されたもの)トンキン(竹の一種)でした。
鯨のひげはシーズン中は群馬県内でも一カ所扱っているのですが、
ばらつきがあって思うようなものが作れません。いったい売っているものがどの鯨のものか分からないのですが・・・
今回いろいろと相談に乗ってもらえて本当に感謝です。
ありがとうございます。

私は今32ですが、昔はよく鯨のベーコンの細切れをご飯に乗せてしょうゆをかけて食べました。母親が好きだったもので・・・
このあいだ居酒屋で鯨のベーコンがあったのでたのんだのですが、厚さ0.5mmくらい、縦横3cm四方の薄切りが3枚で1000円でした。
懐かしく、そしてがっかりしました。今度注文したいと思います。

ご意見ページへ
TOPページへ


商業捕鯨じゃなくて
生活捕鯨がいいと
思います。
2002.4.20
名古屋市在住
男性30代自営業
こんばんは 
鯨がかわいそう牛がかわいそうネコがかわいそう犬がかわいそうと思う人は食べなきゃ良いと思います。
 で アリが可愛そうと思う人は外出はしなければいいと思います。タダそれだけじゃないですかぁ?
黒船が来たのは鯨を買わせる為だと聞いてます・・・ 
今度は鯨とるなぁ〜〜ですもんねぇ〜  
アメリカ様ヨーロッパ様 日本人は朝から晩まで働き電化製品を作り 
食べ物は外国から輸入しろということですかねぇ〜
 で 海外のブランド品を買えー  
バック作って、昼間からワイン飲んで、長期の休みがある生活のほうがいいなぁ〜!!

ご意見ページへ TOPページへ



かわいい鯨の捕獲は
全面禁止してください
2002.5.6
東京都在住
28歳 OL
捕鯨反対の理由が感情的で中身がないといわれますが、ちゃんとした理由はあります。

・野生の大型哺乳類で妊娠期間が長く、一産一子であるクジラは商業的な利用に適さない。

・長年にわたる捕鯨の影響で生息数がいまだに回復していないクジラ種もある。

・公海におけるクジラ資源は捕鯨したい人々だけのものではない。

・生物多様性の観点からも無理に管理のための間引き等を主張すべきではない。

・第二次大戦直後とは異なり、クジラ肉は日本人にとっての必須のタンパク源ではない。

・クジラは海洋汚染のもっとも激しい被害者、化学物質が複合的に溜まっている。

・限られた自然資源について、特に裕福な国は商業捕獲を控えるべきである。

・限られた産業を擁護するために、「調査捕鯨」に税金を投入し、小国の票をODA名目で買うなど、 多額 な税金を使うのは問題である。

・商業捕鯨が規制によって再開出来ても、不正が無い確証はない。

以上です。

***********************************
↓↓↓以上のメールを受けての、私筆者の返送内容↓↓↓

文章を拝見させていただいたところ、非常に論理的で、
しっかりとした、ご意見をお持ちのようですが、
環境保護団体か何かに、所属されていらっしやられるのでしょうか?

> ・野生の大型哺乳類で妊娠期間が長く、一産一子であるクジラは商業的な利用に適さない
AS: その通りです。

> ・長年にわたる捕鯨の影響で生息数がいまだに回復していないクジラ種もある
AS:回復している(又は、商業捕鯨全盛の頃、捕鯨の対象にはならなかった。)物もあります。ミンク鯨は、日本の調査捕鯨の結果により、南氷洋だけで、約75万頭いる、とされています。このことは、IWC科学委員会で、強硬な反捕鯨国の欧米諸国の学者の間でも、認証されています。

> ・公海におけるクジラ資源は捕鯨したい人々だけのものではない
AS:この論法だと、鯨に限ったことでなく、全世界中の海に生きている全ての生物に当てはまるのではないでしょうか?

> ・生物多様性の観点からも無理に管理のための間引き等を主張すべきではない
AS:先に書いたように、ミンク鯨に限って言えば、以降100年間、1年に二千頭捕獲しても、種の絶滅にはいたらない。これも、IWC科学委員会で認証されています。
    
> ・第二次大戦直後とは異なり、クジラ肉は日本人にとっての必須のタンパク源ではない
AS:その通りです。豊かな日本では、鯨を必須タンパク源にする必要はありません。しかし、鯨を利用することは、廻りを海に囲まれている日本にとって、縄文時代より、長年培われてきた、食文化があるのです。それは、欧米の「ラム肉」(何の肉かは、はっきりわかりませんが)、肉質が柔らかいからといって、2、3年(幼少)で、食べるという食文化。韓国の「犬」を食べるという食文化、中華料理の「つばめの巣」、もちろん、「キャビア」「フォアグラ」なども、みぃ〜んな、それぞれの、食文化ではないでしょうか?

> ・クジラは海洋汚染のもっとも激しい被害者、化学物質が複合的に溜まっている
AS:これは、完全に間違っています。日本の南氷洋の調査捕鯨の検査結果により、証明済みです。いろいろな文献にも発表されています。水産庁に問い合わせられても間違えありません。ただし、これは、南氷洋のものに限ります。現在、行われている、北太平洋、ノルウェーのものは、汚染が確認されています。しかし、この論法からいけば、鯨だけでなく、北太平洋や、ノルウェー沖で獲られている、さけ、にしん、さば、なども同じだと思います。しかし、さけ、さばなどは、たくさん日本に輸入されています。

〈 参 考 〉南氷洋調査捕鯨の場合
総水銀−0.02ppm デイルドリン−検出せず TBTO−検出せず
PCB−検出せず DDT−検出せず


> ・限られた自然資源について、特に裕福な国は商業捕獲を控えるべきである
AS:上記の食文化の考えの違いです。

> ・限られた産業を擁護するために、「調査捕鯨」に税金を投入し、小国の票をODA名目で買うなど、多額 な税金を使うのは問題である
AS:日本国も、現在は、食文化としての鯨を、認めているのでは・・・

> ・商業捕鯨が規制によって再開出来ても、不正が無い確証はない
AS:何ともいえません。

以上、

お詫び:私は直接、鯨を捕獲している人ではありません。
又、鯨の学者でもありません。
私の鯨に関する知識は、書物や、講演会で得たものです。間違って認識していることもあると思います。

***********************************
↓↓↓これに対する相手様のお返事↓↓↓

どんな理由があろうと、現在の地球環境で養殖ではない野生生物を人間の理由だけで捕獲してはいけないのです。完璧な頭数把握なんて、できないのですから。
昔のように自給自足ならいざ知らず、大資本の利益のために大量に取る況では
利益の為なら乱獲は必死。
だから養殖以外のあらゆるものは食べてはいけない厳しさが必要です。
それぐらいでないと、自然は守れません。

食文化・習慣だからといって、なんでも許されてはいけないのです。
悪習慣は辞めるべきです。

ご意見ページへ TOPページへ


くじらを食するのが
好きな者です

2003.2.15
長崎市在住
会社員(建設関係)
40歳代

はじめまして
初めてこちらのホームページを拝見させて頂きました。
私は、くじらを食するのが好きな者です。
(高価な品物なのでなかなか食べれせんが)ので、興味深く拝見しました。
私は、捕鯨の規制には、反対です。すぐに解禁してもらいたいものです。
ただ単に自分が食べたいだけではなく、日本の歴史、文化、国際情勢から考えてもです。
以前、TVか何かでアメリカが捕鯨を規制するのは、戦後、日本人に自分たち
の牛肉を食べさせるために、グリーンピースを利用して規制していると聞いた
ことがあります。
いかが思いますか。アメリカだったらやりかねないと思いますが。

***********************************
↓↓↓以上のメールを受けての、私筆者の返送内容↓↓↓

多少はあると思います。捕鯨問題は、それ以外にも多くのアメリカの思惑があ
ります。
例えば、大統領選挙になると、日本の捕鯨問題が議論されます。
それは、候補者が自然環境保護、特に鯨の保護を訴えれば、票がとれるのです
前回もブッシュの対抗馬は、盛んに言っていました。
自分達は、排気ガスなどの規制には反対のくせに・・・・・

***********************************
↓↓↓これに対する相手様のお返事↓↓↓

もう一言。
捕鯨規制は、アメリカの畜産業に対する食料戦略の一環としか思えないのです。
日本は、アメリカにとって巨大なマーケットの一つです。
ですから、環境問題を盾に捕鯨禁止を押してけられるのは我慢できません。
自国の経済にとって何の利益もないと言って、平気で京都議定書から離脱する
ような国です。環境にとって最悪の影響をもたらすと言われる戦争をやりたく
てしょうがない国です。アメリカからだけは、環境問題についてガタガタ言わ
れたくありません。
捕鯨問題は科学的根拠を基にいろいろな国の文化、環境に対する考え方(まじ
めな)などをふまえて検討されるべきです。
アラスカのエスキモーは、アメリカ政府の許可を得て制限付きで捕鯨を行って
いるというではないですか。

ご意見ページへ TOPページへ



イギリスの矛盾
2004.12月
長崎県在住
店主(くじら屋)
45歳

 皆さんは、昨年、ニュース等でイギリスの「キツネ狩」の問題が話題になったことをご存知でしょうか?

 簡単に言えば、300年以上も前から続く、伝統的な貴族社会のスポーツだそうです。
馬に乗った人間が、多数の訓練された犬を操り、キツネを追い込み、最後は噛み殺す、決して、銃は使わないそうです。

 このことが、殺し方が残酷だとか、動物保護の観点から、イギリス議会で問題となり、ブレア首相率いる労働党が禁止しようと提案して、貴族議員や、地主等から大反対を受け、議会で禁止を可決したものだから反対議員が会場に乱入したニュースが、全世界に配信されました。

 これは、2005年控えている首相選挙で、ブレア首相の公約に入っているそうです。

 私たち(私)は、イギリスの「キツネがり」など、どうでもいいことですが、くやしいのは、イギリスの国民(議会)の捕鯨反対の理由が、鯨を殺すことは残酷だ、日本は鯨を食べなくても(殺さなくても)十分、裕福に食料があふれているではないかということです。

 鯨が希少だからと言う議論は、IWCの科学委員会でも、ミンク鯨は今後100年間、2000頭捕獲しても絶滅しないと、世界の科学者は認めています。
 かわいそうだからとか、残酷だからと言う議論は、「キツネ狩」やスペインの「闘牛」なども同じではありませんか?

 「キツネ狩」がイギリス300年の伝統であるのと同じく、日本の捕鯨は、縄文時代からの日本の食文化の伝統なのです。

 鯨だけ、犠牲になっていませんか?政治に利用されていませんか?

イギリスの貴族議員に意見を聞きたいものです。又、日本政府も声を大にして言うべきだと思います。

ご意見ページへ TOPページへ



「捕鯨」
2005.7月
東京都渋谷区在住
A.Kさん 詩人
60歳代
 鯨油の欧米での使用度を探りたく、インターネットに接続しました。

 隠れキリシタンのことを取材しに生月に行ったとき、鯨博物館で、江戸時代の捕鯨など興味ある記事に出会いました。

 今実際に幕末のキリシタンについて執筆しながら、ペリーの来日の目的は捕鯨にあったと言うことを知り、何のために捕鯨が必要だったのか知りたいと思いこの記事と出会いました。

 欧米は、特に米国はアジアの人間のことは何にもわかっていなく、生活様式の違いが文化摩擦の最大の焦点になるのを発見し、欧米人ももうすこし自然と共に生きてきた人々のことを理解してほしいと思いました。
 捨てることの多い捕鯨は絶対にやめてほしいと思います。捨てないで捕獲した鯨の肉は日本に譲るか売るようにして、生き物の生命をとることの代償を完全に使い切るという日本のやり方を少しは真似てもいいのではないでしょうか。

 また資源の保護は大切な人類の課題でもありますから、共存の方法を探り合うことの方が大切なように思います。

ご意見ページへ TOPページへ