繁用生薬メモ(2)】


【メモ1】

 

【メモ2】

     
黄耆(オウギ)   石膏(セッコウ)
黄柏(オウバク)   川弓(センキュウ)
黄連(オウレン)   大黄(ダイオウ)
葛根(カッコン)   大棗(タイソウ)
甘草(カンゾウ)   陳皮(チンピ)
杏仁(キョウニン)   当帰(トウキ)
桂皮(ケイヒ)   桃仁(トウニン)
紅花(コウカ)   人参(ニンジン)
香附子(コウブシ)   半夏(ハンゲ)
柴胡(サイコ)   白朮(ビャクジュツ)
山梔子(サンシシ)   茯苓(ブクリョウ)
地黄(ジオウ)   (劇)附子(ブシ)
芍薬(シャクヤク)   牡丹皮(ボタンピ)
十薬(ジュウヤク)   牡蛎(ボレイ)
生姜(ショウキョウ)   麻黄(マオウ)
    意苡仁(ヨクイニン)
     
※生薬写真は生薬・INDEXから閲覧してください。

 

石膏(セッコウ)Gypsum Fibrosum

基   原 天然の含水硫酸カルシウムからなる鉱物

漢方では天然の生石膏を用い、加熱した焼石膏は外用にのみ使用する

成   分 硫酸カルシウム他の挾雑物
薬理作用 止渇作用・利尿作用
応   用 口渇・解熱
古   典 激しい口渇を治す。うわごと、くるしみ悶えるもの、体中に熱がみなぎるものを治す
中   医 辛・甘・寒/清熱瀉火・除煩止渇・生肌斂瘡

清熱瀉火・除煩止渇:肺・胃の熱を冷まし肌膚の熱を軽度に発散して除き、津液を潤し口渇
を止める。消炎・解熱・鎮痛・鎮痙作用で、炎症性の高熱や日哺潮熱(夕方〜夜間に生じる
高熱)を改善し、激しい口渇(煩渇)を止め、炎症の伴う興奮を鎮める/清気分熱:清熱・発散
の作用があるので発熱性疾患で全身的炎症が激しく高熱・潮熱・激しい口渇・多飲・輾転
反側に知母・金銀花・連翹を配合する。表証の頭痛・身体痛を伴うときは桂皮・葱白・豆鼓を

往来寒熱があれば柴胡を、便秘・腹痛を伴えば大黄・芒硝を配合する。出血・咽痛・意識障害
など営・血分証を伴うときは地黄・黄連・山梔子・牡丹皮・赤芍・玄参・犀角を配合する。
温熱病の後期でやや炎症が残り脱水があり、るい痩・皮膚乾燥など気陰両虚を呈するとき
麦門冬・人参・甘草・半夏を配合する。暑熱の高熱・頭痛・めまい・口渇・多汗・顔面紅潮に
知母・人参を、これに湿が絡んだものは蒼朮・滑石を配合する/清肺熱:肺熱の咳嗽・咽痛・
粘稠又は黄痰・呼吸促迫・胸痛に麻黄・杏仁・桑白皮・半夏を、陰虚を伴う乾咳・切れにくい
痰には麦門冬・甘草・人参を、哮喘(気管支喘息発作)には麻黄・厚朴・半夏・紫蘇子・紫苑・
桑白皮を配合する/清胃熱・止渇:胃熱の口渇・多飲・飢餓感・胃部灼熱感・乾嘔・口臭に
知母・瓜呂根・芦根・沙参と伴に用いる/生肌斂瘡:焼石膏の外用で、熱傷の疼痛を止め、
湿疹の滲出を抑制し、皮膚潰瘍の回復を促進する/清熱利水:軽度の利尿作用があり
炎症性の充血や腫脹・浮腫を消退させる。一般に麻黄との組み合わせで麻黄の発散・発汗
作用を抑制し利水の効果を高める/清熱止痛・止痙:炎症性の疼痛に用い、カルシウムを
含み鎮痙にも働くため、熱証の頭痛・歯痛・筋肉痙攣や胃熱の歯痛・歯周囲炎・口内炎・
頭痛にも応用される。副鼻腔炎の頭痛・鼻閉・膿性鼻汁に辛夷・山梔子・升麻を、肝陽化風
のふらつき・頭痛・筋肉痙攣・ふるえに釣藤鈎・菊花を配合する/表裏双解:清熱発散の効果
を利用し表証と裏証を同時に治す

抽出されにくいので砕いて先に長く煎じる。実熱のみで、寒証には用いない。石膏は清熱・
発散、知母は清熱・滋陰に働き両者を併用すると清熱・発散・滋陰効果が得られ気分証で
傷津を伴うときに適する

配合処方 越婢加朮湯・五虎湯・消風散・釣藤散・白虎湯・白虎加人参湯・防風通聖散・麻杏甘石湯・
木防已湯

 

川弓(センキュウ)Cnidii Rhizoma

基   原 セリ科(Umbelliferae)のセンキュウCnidum officinale MAKINOの根茎
成   分 クニジリット・ネオクリニジット・リグスチリド
薬理作用 中枢抑制作用・筋弛緩作用・血圧上昇作用(少量)血圧降下・作用(大量)・末梢血管
拡張作用・抗血栓作用・鎮痙作用・皮膚温度上昇作用
応   用 補血強壮・鎮静剤・婦人病
古   典 性病による皮膚疾患。化膿性のできもの、疥癬、癰疔などを治す。膿を排除し、眼疾患、
頭痛、足腰の力の衰えたもの、手足の筋肉がひきつるもの、膿尿・血尿、月経異常、
後産の娩出されないもの、難産の腹痛、陣痛発来、一切の皮膚病、病毒の停滞、全身
の筋骨の痛みなどを治す。滞った血を破り血行を良くする
中   医 辛・温/活血理気・調経・止痛・疏肝解鬱・去風湿・散寒

活血理気:上下外裏へと薬効が及ぶので「血中の気薬」と呼ばれている。血管拡張・血行促進
作用があり活血化於薬や補血薬の働きを助ける。血於の疼痛・うっ血・出血に桃仁・紅花・
赤芍・牡丹皮・当帰を配合する。川弓の温性によって牡丹皮・赤芍の寒性が緩和され、寒証に
も使用できる。血於には気滞が伴うので柴胡・香附子・枳殻・乳香・没薬と伴に用いる。寒証
が強ければ桂皮・乾姜・呉茱萸を、血虚の顔色不良・目のかすみ・脆い爪・筋肉のひきつり・
しびれ・月経異常に当帰・芍薬・何首烏・阿膠・熟地黄を、気血両虚には人参・黄耆・白朮を
配合する/活血調経・止痛:血行を促進し、子宮筋の収縮・弛緩を調整するので月経異常・
月経痛に常用する。疎肝解鬱の作用もあり自律神経の調整も行う。月経痛・月経不順・妊婦
の腹痛に当帰・芍薬・熟地黄・阿膠を配合する。気滞による胸脇痛・月経不定期・いらいら・乳房
の脹りに香附子・柴胡・鬱金を、血於に桃仁・紅花・延胡索を配合する/去風止痛:軽度の発散
作用があるため解表薬の発汗・解熱を助け、頭痛を止める。とくに表証の胆経頭痛に奏効する。
痺証の関節痛・しびれ・運動障害に羌活・防風・細辛を配合する。肝腎両虚で腰や膝がだるく
無力のときは地黄・当帰・杜仲を配合する/散寒止痛:身体を温めて、寒冷による冷え・疼痛・
関節の拘縮を治す/通陽・上行:皮膚化膿症で、黄連・黄今・山梔子・大黄の清熱効果を高める
/疎肝解鬱:肝気鬱結の憂鬱・いらいら・抑うつ・ヒステリー・胸脇痛を改善する

辛温・昇散の性質のため、陰虚火旺・肝陽上亢の頭痛、熱証の出血・月経過多には用いない。
大量使用でめまい・嘔吐を引き起こすので少量を用いる。配合により熱を助長する恐れがある
ときは、清熱涼血・活血の丹参を配合する

配合処方 温経湯・葛根湯加川弓辛夷・弓帰膠艾湯・弓帰調血飲・荊芥連翹湯・五積散・酸棗仁湯・
七物降下湯・治打撲一方・四物湯・十全大補湯・十味敗毒散・清上防風湯・川弓茶調散
当帰飲子・当帰芍薬散・女神散・抑肝散

 

大黄(ダイオウ)Rhei Rhizoma

基   原 タデ科(Polygonaceae)のRheum palmatum L.,R.tanguticum MA-XIM.,R.officinale
BAILLONまたはそれらの種間雑種の根茎

日本では乾燥させた大黄を用いるが中薬ではそれを生・大黄といい、瀉下作用が強い。黄酒を
吹き付けて火で炙ったものを酒洗・大黄といい活血化於に用い、瀉下作用は減弱する。黄酒
とともに黒色になるまで蒸したものを製・大黄といい清熱化湿に用い、瀉下作用は減弱する。
大黄は10分以上煎じると瀉下作用が消失するので、生・大黄を長く煎じることで酒洗・大黄や
製・大黄とほぼ同じように使用できる

成   分 アントラキノン類・センノサイドA〜F・タンニン類
薬理作用 瀉下作用・抗菌作用・血中尿素低下作用・血液凝固抑制作用・抗炎症作用・変異原
性抑制作用
応   用 緩下剤
古   典 停滞する病毒を下す。胸腹部の膨満、腹痛、便秘、尿不利のものを治す。
黄疸、血の滞りによる症状やできものを治す
中   医 苦・寒/瀉下通便・清熱・活血化於・通経

瀉下通便:排便促進に加え消炎・解熱・鎮静作用がある。発熱炎症性疾患で高熱・意識朦朧・
譫語・発汗・腹痛・腹満・便秘に芒硝・枳実・厚朴などと伴に用いる。傷津があり皮膚の乾燥・
口渇・舌乾燥があれば地黄・麦門冬・玄参を、熱痰による咳嗽・呼吸困難・黄痰・胸痛・胸苦に
は瓜呂仁・半夏・杏仁を、火熱上昇による焦燥感・イライラ・口内炎・咽痛・目の充血・口渇・不眠
・顔面紅潮には山梔子・黄今・連翹を配合する/瀉下導滞:食滞による腹満・腹痛・腐臭のある
便秘や下痢に白朮・茯苓・枳実・香附子・檳榔子を配合する/清熱瀉火・定驚:鎮静・充血の
改善作用があり、のぼせ・いらいら・驚きやすい・不眠に用いる。肝火・心火による胸脇苦満・
狂躁を伴えば竜胆・石決明・決明子・山梔子・黄連・黄今を配合する/清熱解毒:炎症・化膿を
抑制する作用があり、虫垂炎などの腹痛・圧痛・発熱に金銀花・連翹・蒲公英・牡丹皮・赤芍
を配合する/清熱化湿:消炎・滲出抑制作用や利胆作用があり、肝胆湿熱のいらいら・怒りっ
ぽい・口苦・口乾・胸脇脹・腹満・濃尿・黄疸に柴胡・黄今・山梔子・茵陳蒿と伴に用いる。脾胃
湿熱の悪心・嘔吐・腹満・身重・浮腫・下痢・濃尿に白朮・茯苓・沢瀉・黄連・枳実を、大腸湿熱
の悪臭を伴う下痢・腹痛・テネスムスに黄今・黄連・芍薬・木香を、膀胱湿熱の排尿痛・排尿
困難・尿混濁に滑石・木通・車前子を配合する/清熱涼血・止血:炎症を抑制して出血を止める

牡丹皮・山梔子・黄連・黄今・側柏葉と伴に用いる/去於通経:微小循環改善や凝血・血腫を
除く作用があるので血於に用いる。血於の疼痛・反復性出血・癒着・増殖性病変・腹腔内
腫瘤・月経困難・無月経・打撲の内出血に桃仁・紅花・蘇木・牡丹皮・赤芍と伴に用いる/
逐水瀉下・化於消水:瀉下作用により他の逐水薬の効果を高める。血於による浮腫・腹水・
胸水を消退させる/消痞:胃熱による胃部のつかえを治す/止吐:大黄と甘草の配合により
制吐作用を発揮する

瀉下に用いるときは生・大黄を用いるが、7〜8分以上煎じると瀉下効果が消失するので、粉末
を冲服するか後下
【注】する。妊娠中・月経中は、流産・月経過多を招く恐れがある。また授乳
中であれば乳汁に移行し乳児が下痢を起すことがある。大黄の色素で尿や汗が黄染する
ことがある。タンニンを含むため次第に便秘傾向になり、分量を増やす必要が生じたり腹痛や
渋り腹が起ることがある

【後下】芳香性の薬草は揮発しやすいので、他薬を先に煎じた後、煎じ終
わる5〜10分前に投入し煎じる。大黄、センナなどの瀉下作用を期待する
薬草は煎じ終わる3〜5分前に投入する

配合処方 茵陳蒿湯・乙字湯・柴胡加竜骨牡蛎湯・三黄瀉心湯・治打撲一方・潤腸湯・大黄甘草湯・
大黄牡丹皮湯・大柴胡湯・調胃承気湯・通導散・桃核承気湯・防風通聖散・麻子仁丸

 

大棗(タイソウ)Zizyphi Fructus

基   原 クロウメモドキ科(Rhamnaceae)のナツメZizyphus vulgaris LAMA-RK var.inermis BUNGE
またその他の同属植物の果実
成   分 糖・粘液質・リンゴ酸・酒石酸
薬理作用 抗アレルギー作用・抗消化性潰瘍作用・抗ストレス作用
応   用 緩和・強壮剤
古   典 強くひきつれるものを治す。咳嗽、体の下から上へ激しくつきあげてくるような心悸亢進、
苦しくもだえるもの、身体の痛み、脇腹や腹中の痛みを緩和する。
中   医 甘・温/補脾益胃・養営安神・緩和薬性

補脾益胃:脾胃の陰液・陽気を補益する。食欲不振・味がしない・元気がない・疲れやすいなど
脾胃気虚の症状に人参・黄耆・白朮・茯苓と伴に用いる。大棗は腹部膨満の副作用がある
ので必ず生姜・木香・縮砂・陳皮などの理気薬を配合する/養営安神:心血虚の不安・動悸・
浅い眠り・驚きやすいなどに甘草・小麦・竜眼肉・酸棗仁を配合する/緩和薬性:作用や刺激性
の強い薬物に配合し薬効を緩和する/調和営衛:健脾によって衛を生じ、営衛を産生するが、
腹部膨満の副作用があるため、必ず生姜を配合し両者の協調により営衛が程よく調和する/
緩急:「甘を以って急を緩める」のに用いる。痙攣に芍薬・甘草を配合する/益血止血:連続して
大量服用すると次第に血を補い止血する

配合処方 生姜と共に殆どの漢方処方に配合される。中医では生姜と大棗を抜いて他薬を調剤し
渡すという。煎じる時、各自で生の生姜と乾大棗を入れ煎じる。中医は生姜・大棗が
不要な時だけその旨を伝える。通常は殆どの煎じ薬に配合する。

 

陳皮(チンピ)Aurantii Nobilis Pericarpium

基   原 ミカン科(Rutaceae)ウンシュウミカンCitrus unshiu MARKOVICHまたはその他近縁植物
の成熟した果皮

各種柑橘類の成熟果皮を同様の目的で使用する。以下に分類されるが効能は大同小異。
陳皮:橘皮の古いもので性味が緩和/橘皮:新しい果皮/橘紅:橘皮の外層で香りと燥性が
強い/橙皮:酸橙の成熟果皮で効能が落ちるので代用品として用いる/青皮:柑橘類の未熟
果皮で、やや効能は異なる

成   分 α-リモネン・リモニン・ヘスペリジン
薬理作用 中枢抑制作用・抗痙攣作用・抗炎症作用・抗アレルギー作用
応   用 健胃剤
古   典 痰を去り、湿を治す
中   医 辛・苦・温/理気・化湿・化痰・止嘔・開胃

燥湿化痰:芳香があり燥湿性を持ち、胃腸の蠕動運動を調整し痰の生成を抑えるが、効能は
弱く他の薬物の補助として用いる。湿困脾胃の悪心・嘔吐・吃逆・腹満・下痢に半夏・生姜・
蒼朮・厚朴・茯苓を、湿熱を伴い呑酸・胸焼け・口苦があれば黄連・黄今・竹如・滑石を、寒湿
の腹痛・水様下痢・冷えには呉茱萸・肉桂を配合する/理気化痰:痰を脾胃の蠕動調整によっ
て正常化させ咳・痰を治す。湿痰の咳嗽・痰・呼吸困難に半夏・生姜・厚朴・杏仁を、黄色の
熱痰・咽痛に黄今・黄連・桑白皮・竹如を、燥痰の乾咳・無痰・少痰・粘痰に貝母・瓜呂仁・
麦門冬・五味子を配合する/理気健脾:胃腸の蠕動運動を調整し消化吸収を促進する。腹部
膨満・悪心を改善し食欲を益し胃もたれを防ぐ

温燥の性質があるので熱証・燥証・陰証には慎重に用いる

配合処方 温胆湯・啓脾湯・香蘇散・五積散・滋陰降火湯・滋陰至宝湯・参蘇飲・神秘湯・釣藤散・
通導散・二朮湯・二陳湯・人参養栄湯・半夏白朮天麻湯・茯苓飲・平胃散・補中益気湯・
六君子湯

 

当帰(トウキ)Angelicae Radix

基   原 セリ科(Umbelliferae)のトウキAngelica acutiloba KITAGAWAまたはその他近縁植物の根
成   分 サフロール・イソサフロール・リグスチリッド・パルミチン酸・ニコチン酸・ビタミンB12
薬理作用 中枢抑制作用・鎮痛作用・解熱作用・筋弛緩作用・血圧降下作用・末梢血管拡張作用・
血液凝固抑制作用・抗炎症作用・抗アレルギー作用・免疫賦活作用・抗腫瘍作用
応   用 鎮痛・鎮静・貧血・婦人病
古   典 血の働きを調和し、排膿や止血に働き、身体の潤いを保つ。目が赤く腫れて痛むもの、
婦人の産後、ふる血の下らないもの、多量の性器出血、化膿性の腫れ物を治す
中   医 甘・辛・温/補血調経・活血・散寒・止痛・潤腸通便・生肌

補血活血:血虚に用い補血し活血する。肝血虚の顔色不良・皮膚のつやのなさ・めまい・
四肢の痺れ・筋肉痙攣に熟地黄・芍薬・何首烏・阿膠を、血虚生風の痒み・皮膚の萎縮や
皸裂・落屑に何首烏・防風・疾藜子を配合する/益気補血:血虚の改善には補血薬のみで
は効果は薄く、そこで黄耆などの補気薬を配合し機能を高める/滋陰補血:補血活血の効能
を利用し陰虚に対して滋陰薬の補助とする/調経:月経を調節するので月経不順には必ず
用いられ「調経の要薬」と言われる。血虚の月経遅延・月経過少・無月経に熟地黄・芍薬・
川弓(四物湯)を、気滞の月経痛に香附子・延胡索・烏薬を、血於による月経痛・凝血塊・
無月経に桃仁・紅花を配合する。出血には阿膠・艾葉を、熱証には黄連・黄今を、寒証による
下腹部の冷え・月経痛・月経遅延には桂皮・附子・呉茱萸を配合する/活血止痛:「血中の
気薬」といわれ血管拡張・血行促進とともに鎮痛・鎮痙作用がある。血於の疼痛・出血・腫瘤
うっ血・月経不順に桃仁・紅花・牡丹皮・丹参・赤芍を配合する/潤腸通便:老人や産後の兎糞
状便に対し、腸内を潤して排便を助ける/散寒・止痛:辛温で身体を温め止痛する。寒冷による
疼痛・痺れ・関節の拘縮に去風湿薬や補陽薬と伴に用いる/補血生肌:補血により肉芽形成
を促進するので、長引く化膿症や皮膚潰瘍などに黄耆と伴に用いる/柔肝:肝血を補うことで
肝陽を調整し肝気鬱結を防ぎ疎肝薬による傷津を防止する/反佐:大量の清熱薬に配合し
活血することで清熱薬の効果を高めるので熱証や癰疽疔節に用いる/降逆:咳嗽・呼吸困難
が長期間反復持続するとき「病血分に入る」として用いることがある

脾陽虚・湿困脾胃の下痢・泥状便には用いない。脾胃気虚に用いるときは白朮・茯苓を配合
する。辛温で長期使用により傷陰がおこるため滋陰薬を配合する。心肝火旺・陰虚陽亢が強い
場合は出血を起こす恐れがあるので用いない。性器出血の多い場合も用いないほうが良い。
丹参と効能が似ているが、丹参は寒性で当帰は温性なので使い分ける

配合処方 温経湯・温清飲・乙字湯・加味帰脾湯・加味逍遥散・帰耆建中湯・弓帰膠艾湯・
荊芥連翹湯・五積散・五淋散・柴胡清肝湯・滋陰降火湯・紫雲膏(外用)・四物湯・
十全大補湯・潤腸湯・折衝飲・当帰飲子・当帰芍薬散・女神散・人参養栄湯・
防風通聖散・補中益気湯・抑肝散

 

桃仁(トウニン)Persicae Semen

基   原 バラ科(Rosaceae)のモモPrunus persica(L.)BATSCHの成熟した種子
成   分 アミグダリ・エムルシン
薬理作用 血液凝固抑制作用・抗アレルギー作用・抗炎症作用
応   用 血流改善剤・婦人病
古   典 血液の停滞、下腹部が膨満して痛むものを治す。虫垂炎、など下腹部諸臓器の炎症、
月経障害を治す
中   医 苦・甘・平/破血化於・潤腸通便

破血化於:微小循環改善や抗凝血作用があり、さまざまな血於に広く用いる。血於の持続性
疼痛・反復性出血・うっ血・充血・癒着・血管拡張・増殖性病変・腫瘤・月経痛・月経量少・
凝血塊・月経遅延・無月経・打撲・捻挫の内出血に紅花・赤芍・丹参・当帰・川弓と伴に用いる。
一般に気滞をともなうため、柴胡・香附子・枳実・枳殻・陳皮・延胡索・桂枝などの理気・通陽
の薬物を配合し、さらに効果を高めるため大黄・芒硝などの瀉下薬を配合することもある。
血虚・陰虚には当帰・芍薬・熟地黄・何首烏を、気虚には黄耆・人参・白朮を、寒証には呉茱萸
・桂皮・乾姜・附子を配合する。熱証の場合は清熱薬を用いるが、肺化膿症には芦根・意苡仁
・冬瓜子を、腸癰(虫垂炎)には牡丹皮・赤芍・大黄を配合する/潤腸通便:油成分を多く含む
ので腸管内を潤滑にして通便を促す。腸燥便秘・兎糞状便・習慣性便秘に杏仁・柏子仁・
郁季仁・柏子仁を配合する

妊婦には禁忌

配合処方 桂枝茯苓丸・潤腸湯・疎経活血湯・大黄牡丹皮湯・桃核承気湯

 

人参(ニンジン)Ginseng Radix

基   原 ウコギ科(Araliaceae)のオタネニンジンPanax ginseng C.A.MEY-ERの根

人参は産地・加工法の違いによりいくつかの区別がある。/野山人参・野山参・吉林参:中国
吉林省の野生品で希少かつ高価で効能も強いとされる/朝鮮人参・朝鮮参・高麗参・別直産:
元来は朝鮮産の野生品であるが、現在は栽培品や日本で栽培したものを輸出し、それを再
輸入したものが流通する/石柱参・紅参:栽培品を蒸して乾燥させたもので、補気効果が強い
とされる/移山参・白糖参:栽培品を氷砂糖につけて白色にしたもので、補気生津に用いる
/生晒参:栽培品を水で晒したもの/参髭尖・髭人参:人参の加工時にでるクズ品で、補気の
効能は弱く、苦寒であるため清虚熱に用いる

成   分 ジンセノサイドのサポニン配糖体
薬理作用 中枢興奮作用・中枢抑制作用・疲労回復促進作用・抗ストレス作用・強壮作用・
男性ホルモン増強作用・蛋白質・DNA・脂質生合成促進作用・放射線障害回復作用・
血圧降下作用・血圧上昇作用・心循環改善作用・血糖降下作用・脂質代謝改善作用・
血液凝固抑制作用・抗胃潰瘍作用・免疫増強作用・細胞寿命延長作用
応   用 強精・強壮剤
古   典 はなはだしい全身の機能低下を回復させ、様々な病邪を除く。激しい口渇・頻尿・苦しみ
もだえ・飲食の不摂生による嘔吐・下痢・四肢の冷え・息切れ・呼吸促迫・呼吸浅表・腹痛
自然発汗・体液を潤す・精神不安・動悸・急性熱性疾患・胃の消化機能を調え正気を保つ・
諸種の出血・産後の体力・低下・化膿瘡を内から除く・様々な急性疾患の体力低下・衰弱
中   医 甘・微苦・微温/大補元気・補脾益肺・生津・安神・昇提

大補元気:元気を補い抵抗力を高めるので気脱のショックにより顔面蒼白・呼吸微弱などの
ときに用いる。亡陽のチアノーゼ・四肢の冷えなどに附子・乾姜を、発汗が強いときは黄耆
・龍骨・牡蠣を加える。出血性ショックに人参を用いるが急性の止血効果はなく抵抗力を高め
ショックに耐えさせる/補気:脾胃や肺の気を補益して全身に対する補気の効能を持つ。
脾胃気虚の食欲不振・摂食障害・疲れやすい・泥状〜水様性便に用いる。生津の効能が
あり体内に水分を停滞させるので、単独使用で浮腫を起こすことがある。白朮・茯苓・蒼朮
などの補気・健脾・利水の薬物を配合する。脾胃気虚では胃腸の消化吸収機能も低下して
いるので理気・通陽の陳皮・生姜・乾姜・枳殻・木香を加え蠕動を促す。痰湿により悪心・嘔吐・
上腹部膨満感・痞えには半夏・生姜・縮砂・霍香を、水様便・泥状便には茯苓・沢瀉・山薬・
蓮子を、脾胃陽虚で冷え・寒がるときは乾姜・附子を配合する。肺虚の息切れ・呼吸困難・
慢性咳嗽に黄耆・五味子・胡桃を用いる/補心気・安神:心気虚の脈結代・頻脈・動悸・不安感
・不眠に用いる。心血虚には当帰・竜眼肉・酸棗仁を、心陰虚には熟地黄・阿膠を配合する/
補肝気:肝気を補い、生津し柔肝を助けるので、肝気虚の気力減退・疲れやすい・憂鬱・
胸脇苦満・筋肉の引きつり・しびれ感に芍薬・当帰と伴に用いる/補気昇提:気虚下陥の内臓
下垂・子宮脱・脱肛・起立性失調などのアトニー症状に用いる/補気生津・止渇:体液を滋潤し
口渇を止める。気津両傷・気陰両虚で元気がない・全身倦怠・口渇・皮膚の乾燥に麦門冬・
五味子・瓜呂根を、熱盛傷津の高熱・多汗・口渇・多飲に石膏・知母を配合する/補気摂血:
気虚の慢性・反復性出血に長期間服用し抵抗力をつける/補気生血:血虚に補血薬の補助と
して用いる/益気解表:気虚の感冒に解表・止咳薬として少量を配合する

肝陽上亢・心肝火旺には禁忌。気虚を伴わない湿証には禁忌。湿熱には禁忌。長期連用に
より頭痛・不眠・動悸・血圧上昇・浮腫をきたすことがある

配合処方 温経湯・黄連湯・帰脾湯・呉茱萸湯・柴胡桂枝湯・柴苓湯・四君子湯・炙甘草湯・
十全大補湯・小柴胡湯・参蘇飲・清心蓮子飲・釣藤散・女神散・人参湯・人参養栄湯・
麦門冬湯・半夏瀉心湯・半夏白朮天麻湯・白虎加人参湯・補中益気湯・六君子湯

 

半夏(ハンゲ)Pinelliae Tuber

基   原 サトイモ科(Araceae)のカラスビシャクPinellia ternata BREITEN-BACHのコルク皮を
除いた塊茎

毒性・刺激性があるので生姜汁・明礬・石灰水などに浸けて干したものを用いる

成   分 ホモゲンチシック酸
薬理作用 中枢抑制作用・鎮痛作用・鎮吐作用・唾液分泌亢進作用・鎮痙作用・抗消化性潰瘍作用・
腸管内輸送促進作用・免疫賦活作用
応   用 鎮吐剤
古   典 水分の停滞、代謝障害・嘔吐を治す。胸痛・下から胸腹部につきあげるような膨満・咽喉部
の痛み・咳・動悸・腹鳴
中   医 辛・温・有毒/降逆止嘔・燥湿化痰

降逆止嘔:降逆の効果をもち悪心・嘔吐を抑制し蠕動を正常化して痞えをとる。上部消化管の
水分を吸収するので湿を伴うものに用いる。生姜を配合することで半夏の刺激性が緩和され、
生姜の止嘔作用で効果が倍増する。湿困の悪心・嘔吐・口粘・胸苦・腹脹に霍香・縮砂・陳皮
を、腹満があれば枳実・枳殻・厚朴を、水様性嘔吐・下痢には茯苓・蒼朮を配合する。温性の
ため一般に寒・湿に用いるが、湿熱による胃気逆の悪心・嘔吐・呑酸・胸やけ・口苦には竹如
・黄連・山梔子を、寒熱互結のときは黄連・黄今と乾姜・桂皮で寒熱を調和する。往来寒熱の
悪心に柴胡・黄今と伴に用いる/補胃気:降逆の作用で通降させ胃気を補う。胃気虚・胃陽虚
の悪心・嘔吐・食欲不振に人参・甘草・大棗・乾姜・呉茱萸を、脾胃湿困に白朮・茯苓・山薬を
配合する/燥湿化痰:強力な鎮咳作用があり、喀痰の生成を抑制し湿を除去する。湿痰の咳嗽
で多痰・胸苦・身重などに陳皮・生姜・紫蘇子・杏仁・桔梗を、寒痰には細辛・乾姜・桂皮・当帰
を配合する/理気解鬱:痰気鬱結し咽に閉塞感のあるとき、痰を消散させ鬱や自律神経機能
を改善する。厚朴・柴胡・香附子と伴に用いる/燥湿・理気:湿温の初期で頭痛・軽度の悪寒・
発熱・身重・胸苦に杏仁・白豆寇・意苡仁・滑石を配合する/止咳:風寒の咳嗽に麻黄・桂皮・
紫蘇を、熱痰の咳嗽・胸痛・咽痛・黄痰に瓜呂仁・黄連を、肺陰虚の乾咳・少痰に麦門冬・人参
・石膏・貝母を配合する/熄風化痰・止嘔:痰濁上擾の悪心・嘔吐・回転性眩暈に茯苓・白朮・
天麻と伴に用いる/反佐:胃陰虚の乾嘔には禁忌であるが、大量の生津薬と配合することで
降逆止嘔の効能だけを生かすことができる

半夏の中毒で舌や咽のしびれ・灼熱痛・よだれ・嗄声・呼吸困難・窒息を起こすことがあり、
生姜で解毒する

配合処方 温胆湯・黄連湯・五積散・柴朴湯・柴苓湯・柴胡桂枝湯・小柴胡湯・小青竜湯・
小半夏加茯苓湯・参蘇飲・大柴胡湯・釣藤散・二陳湯・麦門冬湯・半夏厚朴湯・半夏瀉心湯・
半夏白朮天麻湯・六君子湯・苓甘姜味辛夏仁湯

 

白朮(ビャクジュツ)Atractylodis Rhizoma

基   原 キク科(Compositae)のオオバナオケラAtractylodes ovataDC.またはオケラA.japonica
KOIDZUMIの根茎

起源植物と効能の違いで白朮と蒼朮に区別されるが、両者は交配しやすく、明確な区別
がし難いところがある。一般に白朮を補気健脾に、蒼朮を燥湿利水に用いる

成   分 アトラクチロン
薬理作用 利尿作用・血糖降下作用・血液凝固抑制作用・肝障害抑制作用・抗消化性潰瘍作用・
抗炎症作用・インターフェロン誘起作用
応   用 利尿剤
古   典 水分の偏在、代謝異常を治す。頻尿・多尿・排尿困難・身体の煩わしい疼痛・痰・咳嗽・嘔吐・
遺精・頭重・眩暈・下痢・流唾液
中   医 苦・甘・温/補気健脾・燥湿利水・固表止汗・去風湿・安胎

補気健脾:脾胃気虚の食欲不振・泥状〜水様性便・元気がない・疲れやすいなどの症状に
必ず配合する。脾胃気虚では水分の吸収・排泄が低下して痰飲・湿・水腫・下痢を生じやすい
が、白朮は水分の吸収・排泄を促進し消化吸収の機能を改善する。しかし、白朮は腹満や
もたれ感をひきおこし吸収されにくいので陳皮・枳殻・木香・縮砂など蠕動を促す薬物を配合
する。泥状〜水様性便には蒼朮・猪苓・沢瀉・山薬・蓮子・白扁豆を、悪心・嘔吐・食欲不振・
食後の胃脹・咳嗽・痰には半夏・生姜・縮砂・霍香を、脾胃陽虚で冷え・寒がりには乾姜・桂皮
・附子を配合する/燥湿利水:消化管内や組織間の水分を血中に吸収し尿で排出し、溜飲・
泥状〜水様便・浮腫を軽減させる。脾気虚・脾陽虚に茯苓・猪苓・山薬・蓮子・白扁豆を、胃内
停水・腸のグル音・めまい・悪心・嘔吐には半夏・生姜・縮砂・霍香を配合する/利水消腫:
気虚・陽虚の水腫・浮腫・関節水腫・腹水に黄耆・茯苓・猪苓・附子・桂皮・乾姜を配合する/
固表止汗:水湿を除いて止汗するので、衛気虚の自汗・風邪を引きやすい・疲れやすいなど
の症状に黄耆と伴に用いる/安胎:流産防止の効果があるとされ黄今・兔絲子と伴に用いる

温・燥性であるため陰虚・津虚や熱証には用いないが、湿熱で湿が強い場合には補助的に
用いる

配合処方 加味逍遥散・帰脾湯・五苓散・柴苓湯・滋陰降火湯・四君子湯・十全大補湯・参苓白朮散・
当帰芍薬散・二朮湯・人参湯・人参養栄湯・半夏白朮天麻湯・茯苓飲・補中益気湯・
六君子湯・苓桂朮甘湯

 

茯苓(ブクリョウ)Hoelen

基   原 サルノコシカケ科(Polyporaceae)のマツホドPoria cocos (FR.)WOLFの菌核
成   分 90%以上がブドウ糖からなる多糖体
薬理作用 利尿作用・抗胃潰瘍作用・血糖降下作用・血液凝固抑制作用・免疫賦活作用
応   用 利尿剤
古   典 動悸、筋肉の攣縮するものを治す。小便不利・眩暈・煩悶しもだえるものを治す
中   医 甘・淡・平/利水滲湿・健脾・安神

利水滲湿:消化管内や組織間の水分を血中に引き込み利尿するので、浮腫・腹水・下痢・
尿量減少を改善する。平性であるため寒熱に関係なく用いる。水湿には猪苓・沢瀉を、湿困
脾胃の悪心・嘔吐・下痢には半夏・生姜・厚朴・蒼朮を、寒湿には乾姜・附子・当帰・川弓を、
湿熱には滑石・沢瀉・茵陳蒿・黄今などを配合する/健脾胃利水:脾気虚の食欲不振・味が
しない・泥状〜水様便には人参・黄耆・白朮・甘草を、脾腎陽虚の浮腫・下痢には附子・乾姜・
桂皮を配合する/利水化飲:脾胃気虚による消化管内の水分停滞には必ず用いる。胃内の
溜飲には白朮・蒼朮・枳実を、寒飲には桂皮・白朮・甘草を配合する/安神:脾を補うことで精神
安定効果があるので、動悸・不安感・驚きやすい・不眠に、龍骨・牡蛎・酸棗仁・大棗を配合
する/化痰:利水作用により化痰を助ける。湿痰の多痰・咳嗽に半夏・生姜・陳皮を、痰濁上擾
のめまい・悪心・嘔吐には天麻・半夏・生姜を配合する/補腎:補腎薬の滋膩性を緩和し内湿
を除き、かつ健脾の目的で配合される

配合処方 加味逍遥散・桂枝茯苓丸・牛車腎気丸・五積散・五淋散・五苓散・酸棗仁湯・滋陰至宝湯・
四君子湯・十全大補湯・十味敗毒湯・小半夏加茯苓湯・参蘇飲・真武湯・参苓白朮散・
清心蓮子飲・釣藤散・猪苓湯・当帰芍薬散・二陳湯・八味地黄丸・半夏厚朴湯・茯苓飲

 

(劇)附子(ブシ)Aconiti Tuber

基   原 キンポウゲ科(Ranunculaceae)のトリカブトAconitum carmicha-eli DEBX.その他同属植物
の塊根

附子は毒性があるので、一般に加工・修治して減毒したものを用いる/炮附子・製附子・熟
附子・黒附子:中国の修治方法で、塩のニガリに浸けて水洗し、黒豆と煮る工程を繰りかえ
す。毒性は少ない/加工附子:日本の修治で、高圧加熱により減毒する。毒性はほとんどない
/生附子・塩附子・白河附子:生のまま、あるいは塩のニガリや石灰水に浸けたもので、毒性
が強い/烏頭:元来は主根を烏頭、側根を附子としたが、現在では熱処理・減毒したものを
附子とし、生附子を烏頭として用いる

成   分 アコニチン・メサコニチン
薬理作用 鎮痛作用・強心作用・血管拡張作用・抗炎症作用・肝臓での蛋白生合成促進作用・
抗ストレス潰瘍作用
応   用 鎮痛・強心・利尿剤
古   典 水分代謝促進、水分の偏在を除く。悪寒・身体、四肢の関節痛・知覚麻痺・手足の冷え・
腹痛・遺精や夢精・下痢
中   医 大辛・大熱・有毒/回陽救逆・補陽散寒・去風湿・止痛

回陽救逆:腎陽を強力に補い、強心・末梢循環改善・代謝亢進・脳の興奮を促し、ショック状態
を救う。ショック(亡陽)による顔面蒼白・チアノーゼ・四肢の冷え・末梢循環不全をきたしたとき
人参・甘草などと伴に用いる。発汗が強い場合は、龍骨・牡蛎・五味子を、下痢・発汗・嘔吐で
脱水(亡陰)をともなうときは、人参・甘草を大量に配合し、麦門冬・五味子を加える/補陽散寒:
陽気や血行を振興させるので、陽虚で元気がない・疲れやすい・四肢の冷え・寒がりなど、特に
虚寒の症状に適する。附子は大熱で長期使用すると陰液を消耗するので注意する。腎陽虚の
膝・腰がだるく無力・頻尿・排尿困難・性機能減退には熟地黄・何首烏・枸杞子・山薬を、肝
陽虚の気力減・疲れやすい・四肢の冷え・下腹部両側〜大腿内側の冷え痛み・胸脇苦満に
当帰・芍薬・人参・黄耆・甘草・淫羊霍・巴戟天・杜仲を配合する/散寒止痛:表裏の寒湿を
除く。血管拡張・血行促進により身体を温めるので寒邪の侵襲(寒冷や冷飲食)による急激に
起こる冷え・疼痛に用いる。臓腑の中寒による激しい腹痛・下痢・腹の冷えに白朮・茯苓・甘草・
乾姜を、経絡の中寒による四肢の冷え・関節の痛み・拘縮には乾姜・桂皮・当帰・芍薬・葛根
を配合する/散寒去風湿:寒湿痺の痺れ・痛み・関節運動障害・拘縮・冷え・浮腫に白朮・蒼朮・
麻黄・独活・羌活と伴に用いる/温陽利水:陽虚の浮腫・腹水・水様便に白朮・蒼朮・茯苓・
牛膝・車前子を配合する。陽虚により身体の機能が衰弱して水分代謝が低下しているため、
単に利水薬のみでは効果がなく、附子・乾姜などの補陽薬で機能や血行を振興し利水する/

通陽:附子は上下・表裏・気血・経絡・骨肉・営衛に薬効が及び、血行や機能を促進するので
処方に少量の附子を加えることで、薬効を助ける/止痛:鎮痛作用があるため処方に少量を
加える/補陽解表:寒気・冷え・発熱・頭痛・元気がない・横臥を好むなどの症状に麻黄・細辛
の解表薬と伴に用いる/散寒瀉下:寒冷による腸蠕動固縮・蠕動無力の便秘に大黄を配合
する/引火帰原:虚寒による上部や体表部の仮熱(頬部の紅潮・口渇・体表の熱感)に附子を
大量に用いて補陽し治す

陰虚・陽虚には、反佐として少量を用いる以外は禁忌。妊婦に禁忌。煎じる時間を40〜60分
と長くする。中毒により、痺れ・めまい・発汗・悪心・よだれ・動悸・不整脈・痙攣・意識障害が
起こり、死亡することもある。軽症には生姜・甘草・緑豆の煎じ汁を服用させ、重症にはアトロ
ピン注射を行う

配合処方 桂枝加朮附湯・牛車腎気丸・真武湯・八味地黄丸・麻黄附子細辛湯

 

牡丹皮(ボタンピ)Moutan Cortex

基   原 ボタン科(Paeoniaceae)のボタンPaeonia suffridicosa ANDRE-WSの根茎
成   分 ペオニフロリン・ペオノサイド
薬理作用 鎮痛・鎮静作用・抗炎症作用・抗アレルギー作用・免疫賦活作用・脂肪分解抑制作用・
血小板凝集抑制作用・月経困難症改善作用・抗菌作用・抗ウイルス作用
応   用 血流改善剤・婦人病
古   典 固まったオケツを除き、化膿性の腫れものを治す。月経を通じ打撲傷、腰痛を治し、
煩わしい熱感を除く
中   医 辛・苦・微寒/清熱涼血・止血・活血化於・清虚熱

清熱涼血:寒涼辛散の薬性があり血分の熱を冷まし於滞させず血を妄行させない。消炎・解熱
・抗菌・血管収縮・止血作用があり、営分証・血分証に用いる。止血して於滞を残さないので
出血傾向の疾患に適する。発熱性疾患の後期で脱水・栄養不良・出血・発疹・夜間の発熱・
皮膚の乾燥に犀角・地黄・芍薬を配合する。血熱妄行による炎症性の急性出血に山梔子・
茅根・側柏葉・地黄・黄今・茜草根を、陰虚の虚熱による手足のほてり・のぼせ・身体の熱感
・口乾・盗汗に知母・青蒿・秦九・別甲・地黄を配合する。鎮静・降圧の作用があり、肝鬱化火
のイライラ・怒りっぽい・頭痛・顔面紅潮・のぼせに柴胡・芍薬・香附子・鬱金を配合する/活血
化於:消炎と同時に、微小循環改善作用がある。腸癰(虫垂炎)の発熱・腹痛・圧痛・便秘・
に大黄・芒硝・桃仁・紅花・赤芍・蒲公英・意苡仁・金銀花と伴に用いる。寒性であるため、一般
的な血於に用いるときは温性の桂皮・川弓・当帰を配合する。血於の疼痛・うっ血・クモ状血管
・腹腔内腫瘤・月経異常には桃仁・紅花・蘇木・赤芍・当帰・川弓・桂皮・柴胡・香附子・枳殻
を、寒証には桂皮・乾姜・呉茱萸を配合する。打撲・捻挫の疼痛・腫脹にも用いる

月経過多・妊婦に禁忌。脾胃気虚の泥状便には用いない。陰虚や営分証・血分証には地黄と
併用する。地黄は甘寒で滋陰にすぐれ、牡丹皮は苦辛で清熱にすぐれる。赤芍と効能が似て
いるが、赤芍は活血にすぐれ、牡丹皮は涼血にすぐれる。活血の効能は桂皮に似ているが
桂皮は温性で血寒の於滞を改善し、牡丹皮は寒性で血熱の於滞を改善する

配合処方 温経湯・加味逍遥散・桂枝茯苓丸・牛車腎気丸・大黄牡丹皮湯・八味地黄丸・六味地黄丸

 

牡蛎(ボレイ)Ostreae Testa

基   原 貝類のイボタガキ科(Osteridae)のマガキCrassostrea gigas THUNB.,その他カキ類の貝殻
成   分 炭酸カルシウム・その他無機塩類
薬理作用 免疫賦活作用
応   用 鎮静利尿・制酸剤
古   典 胸腹部の動悸を治す。精神不安・神経過敏・煩悶して落ちつかないものを治す
中   医 鹹・渋・微寒/平肝潜陽・熄風止痙・安神定驚・定悸・収斂固渋・制酸止痛

平肝潜陽・熄風止痙:鹹渋で性質が重く、浮陽を潜鎮する。頭のふらつき・めまい・筋肉のひ
きつりを改善し、収斂によって陰液を保持し汗を止める。肝陽上亢ののぼせ・イライラ・頭痛・
顔面紅潮、肝陽火風の頭のふらつき・めまい・目のくらみ・手足の引きつりやふるえに龍骨・
代赭石・釣藤鈎・牛膝・地黄・芍薬・別甲を、熱病後期の傷陰による虚風内動に地黄・阿膠
・芍薬・麦門冬・別甲を配合する/安神定驚・定悸:鎮静作用があり、驚きやすい・不安感・
動悸・不眠・多夢を改善し重鎮安神薬といわれる。龍骨・真珠・酸棗仁・柏子仁・遠志・茯神
と伴に用い、気虚には人参・甘草を、血虚には当帰・芍薬を、陽虚には附子・桂皮を、陰虚に
は別甲・地黄を配合する/収斂固渋:収斂性があり自汗・盗汗・遺精・不正性器出血・崩漏・
遺尿・帯下を改善する。気虚・陽虚・亡陽の自汗に麻黄根・黄耆・白朮・附子を、陰虚の盗汗
には地黄・麦門冬・五味子を、腎虚の遺精には鹿茸・欠実・蓮子を、崩漏には龍骨・欠実・
地楡・山梔子・黄連を、遺尿・頻尿・多尿には兔絲子・桑票蛸・山茱萸を、帯下に白朮・欠実
・兔絲子を配合する/軟堅散結:腫瘤を軟化させるので、痰核・甲状腺腫・腫塊・肝腫・脾腫・
に別甲・桃仁・三稜・莪朮・玄参・檳榔子と伴に用いる/制酸止痛:胃酸を中和し鎮痛するの
で呑酸・胃痛に用いる

先に長く煎じる必要があり、場合によっては粉末を冲服する。龍骨と効能が似ているが、龍骨
は安神定驚・止瀉の効果が強く、牡蛎は軟堅散結・制酸の効果が強い

配合処方 安中散・桂枝加竜骨牡蛎湯・柴胡桂枝乾姜湯・柴胡加竜骨牡蛎湯

 

麻黄(マオウ)Ephedrae Herba

基   原 マオウ科(Ephedraceae)のEphedra sinica STAPF,E.equisetina BUNGEまたはその
同属植物の地上茎
成   分 エフェドリン
薬理作用 中枢興奮作用・交感神経興奮様作用・血圧降下作用・鎮咳作用・発汗作用・利胆作用・
抗炎症作用・抗アレルギー作用・プロスタグランディン生合成阻害作用
応   用 鎮咳剤
古   典 喘息様の呼吸困難、咳嗽、浮腫を治す。悪寒の弱いものや強いもの、汗が出ないもの
を治す。身体痛・関節痛・全身に黄色がかった浮腫のみられるものを治す
中   医 辛・微苦・温/発汗解表・宣肺平喘・止咳・利水消腫・去風湿・散寒

発汗解表:辛温で発汗に働くので、風寒の邪による表証に桂皮と併用する。表寒・表実の悪寒
・発熱・頭痛・身体痛・無汗・咳嗽に桂皮・杏仁を、湿邪による身体のだるさ・関節痛・浮腫に
白朮・蒼朮を、裏熱による口渇・高熱・煩躁には石膏を、陽虚の表寒には附子・細辛を配合する
/宣肺平喘・止咳:肺気を宣揚し、壅閉を除くので、肺気閉塞の喘咳に繁用する。気管支筋の
痙攣を緩和し呼吸困難や咳嗽を止める。杏仁・半夏や桂皮と伴に用いることが多い。肺寒の
薄い痰・白色痰・寒がり・冷えには乾姜・細辛・半夏・杏仁を、肺熱の喘咳で黄痰〜粘痰・呼吸
促迫・口渇・咽痛・胸痛には石膏・桑白皮・黄今を、喘息発作には厚朴・半夏・杏仁・五味子・
射干・紫苑・款冬花を配合する。発作が反復し慢性化すると化熱するので石膏・桑白皮・黄今・
射干を用いる必要がある/利水消腫:血管透過性亢進による浮腫・水腫・滲出物を軽減する。
浮腫や水腫に用いると軽度の発汗や利尿や水様便が起こり効果が出現する。一般に石膏を
配合して麻黄の発汗を抑制し利尿効果を高める。急性腎炎・慢性腎炎の全身性浮腫や関節
水腫に石膏・白朮・蒼朮・意苡仁・杏仁・赤小豆を、寒証を伴えば桂皮・細辛・生姜・附子を
配合する/化飲利水:肺水腫の呼吸困難・咳嗽・薄い多量の痰・浮腫・起座呼吸・尿量少に
細辛・乾姜・五味子を配合する/去風湿:発散・利水の効能を痺証に用いる。風湿痺・風寒湿痺
の関節痛・運動障害・身体重だるい・浮腫・冷えに白朮・蒼朮・意苡仁・防已・防風・羌活・烏頭
・附子・乾姜・当帰を、局所に発赤・熱感があれば知母・防已・意苡仁を配合する/通陽・散陰
疽:慢性で化膿傾向のない膿瘍・皮膚潰瘍・フィステルに熟地黄・鹿茸・桂皮を配合する/透疹:
麻疹の透発が不十分なときや風疹に、辛涼解表薬の薄荷・蝉退・葛根・升麻の補助として少
量配合する

風熱表証には基本的に用いない。表寒に用いるときは発汗過多に注意する。炎症傾向の強い
皮膚化膿症には禁忌。成分中のエフェドリンで興奮・動悸・不眠が起こることがある

配合処方 越婢加朮湯・葛根湯・桂麻各半湯・五虎湯・五積散・小青竜湯・神秘湯・麻黄附子細辛湯・
麻杏甘石湯

 

意苡仁(ヨクイニン)Coicis Semen

基   原 イネ科(Gramineae)のハトムギCoix lacrymajobi L.var.ma ma-yuen(ROMAN)STAPFの
種子で種皮を除去したもの
成   分 コイクセノライド
薬理作用 中枢抑制作用・筋弛緩作用・抗腫瘍作用
応   用 栄養剤・利尿剤・イボ・皮膚の荒れ
古   典 浮腫を治す
中   医 甘・淡・微寒/利水滲湿・清熱解毒・排膿・去風湿・健脾止瀉

利水滲出:微寒性で湿熱の浮腫・下痢などに用いる。風湿表証の頭重・身体重だるい・関節の
鈍痛・悪風・発熱に麻黄・杏仁を、湿温の頭痛・頭重・身体重い・悪風・発熱・身体痛・自汗・
胸苦しい・悪心・下痢・乏尿・浮腫に霍香・杏仁・滑石・竹葉・木通・茯苓を、湿熱蘊血による
下肢の発赤・腫脹・疼痛に牛膝・黄柏・蒼朮を配合する/清熱解毒・排膿:消炎・化膿抑制・
排膿作用があり、肺癰の咳嗽・胸痛・腐臭ある黄痰に芦根・冬瓜子・十薬・桃仁を、腸癰の
腹痛・発熱・便秘・悪臭ある下痢には牡丹皮・敗醤草を配合する/去風湿:湿痺の浮腫・関節
の痺れ・関節痛・運動障害に麻黄・蒼朮を、湿熱痺の浮腫・しびれ・痛み・発赤・熱感には石膏
・防已・滑石を配合する/健脾止瀉:脾胃の運化を助け消化吸収を高め、泥状便・帯下を改善
する。脾胃気虚の食欲不振・泥状〜水様便・帯下に党参・白朮・茯苓・山薬を配合する/扶脾:
脾陰虚で食べると腹が脹る・手足のほてり・口唇乾燥に山薬・茯苓・白扁豆・蓮子を配合する
/治疣贅:経験的に扁平イボ・尋常性イボなどに奏効することが知られている

配合処方 参苓白朮散・腸癰湯・麻杏意甘湯・意苡仁湯

 

HOME